• トップ
  • リリース
  • 「DAKAR(ダカール) RALLY(ラリー) 2017」ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム「Monster Energy Honda Team」の端末として、2年連続で高耐久スマートフォン「TORQUE(R)」を提供

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

「DAKAR(ダカール) RALLY(ラリー) 2017」ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム「Monster Energy Honda Team」の端末として、2年連続で高耐久スマートフォン「TORQUE(R)」を提供

(@Press) 2016年12月09日(金)10時30分配信 @Press

 京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、2017年1月にパラグアイ共和国、アルゼンチン共和国、ボリビア多民族国間で行われるDAKAR RALLY 2017に二輪で出場する株式会社 ホンダ・レーシング(以下HRC)のワークスラリーチーム「Monster Energy Honda Team」のテクニカルスポンサーとして、au向け高耐久スマートフォン「TORQUE(R)G02」を提供します。

 DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会の1つです。HRCダカール・ラリー2017 プロジェクトリーダーの本田氏からは、「今回ご提供頂いたTORQUE(R) G02は、ボリビアのウユニ塩湖の走破など、年々過酷さが増すダカール・ラリーの環境下でも、全く問題なく使用できる、より堅牢なスペックへと改良されており、今や私たちのレース活動にとって、なくてはならない最強のパートナーへと進化しています。」とのコメントをいただいています。

■京セラ「TORQUE(R)G02」のレースでの役割
 今回、提供する「TORQUE(R)G02」は、世界初の耐海水性能を備え、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G規格19項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が、評価されています。レースの舞台となる南米の砂漠、ジャングルや山岳地帯の過酷な環境下でのチームのコミュニケーションツールとして活用されるほか、レースマシンのログ 情報、センサーを通じたエンジンの回転数や冷却温度等の情報をBluetooth(R)経由で収集し、チーム本部と共有。本部では収集された各種データの分析を行い、マシンの状態管理とチームの戦略構築に活用されます。「TORQUE(R)G02」が約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、「Monster Energy Honda Team」のレース活動に貢献するものと期待しています。

■京セラWEBサイト
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/hrc/index.html

■HRC WEBサイト
http://rally.hondaracingcorporation.com/

■「TORQUE(R)G02」の製品情報については、当社ホームページをご覧ください
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/g02/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る