• トップ
  • リリース
  • 新・カカオ体験 Pipiltin Cocoaチョコレート日本上陸!2017年1月17日に販売開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

新・カカオ体験 Pipiltin Cocoaチョコレート日本上陸!2017年1月17日に販売開始!

(@Press) 2017年01月17日(火)10時00分配信 @Press

食品・雑貨などの販売と輸出入業、ならびに、インターネットを利用した通信販売業を行う株式会社Rubah4(読み:ルバーフォー、本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 雄二)は、2017年1月17日(火)にインドネシア産のPipiltin Cocoaチョコレートの日本販売を開始します。

オンラインショップ: http://www.pipiltin.jp/


インドネシアは実は世界第3位のカカオ豆生産大国です。Pipiltin Cocoaが現在生産しているのは、スマトラ島アチェ洲・フローレス島・バリ島・東ジャワ島のカカオ豆から作られたチョコレートです。産地の農家から直接仕入れて加工を行う、シングルオリジンの本物のBean to Bar チョコレート。各地のカカオ豆の味や香りの違いを味わう体験ができます。

株式会社Rubah4は、新・カカオ体験を提供するPipiltin Cocoaチョコレートは、本物志向で意識の高い日本の消費者への新しい選択肢だと考えます。


<新・カカオ体験の一部をご紹介>
■シングルオリジンで現地生産。本物のBean to Bar チョコレート
Pipiltin Cocoaチョコレートは、スマトラ島、フレーレス島、ジャワ島およびバリ島などのそれぞれの島のカカオ豆だけで作られたシングルオリジンチョコレート。各地のカカオ豆の違いを味わうことができます。インドネシアでとれたカカオ豆をインドネシアで加工。しかもシングルオリジン。これこそ、本物のBean to Bar チョコレートです。

■カカオ豆の高い品質へのこだわり Bean Count 95
Bean Countと呼ばれるカカオ豆の基準がありますが、これは100gに何粒のカカオ豆が入っているかというもので、Bean Count 95は、100gあたり95粒のカカオ豆が入っているという意味です。Pipiltin Cocoaチョコレートは、1粒1g以上の大きくて高品質なカカオ豆から作られています。

■からだにも優しいカカオポリフェノールたっぷりのチョコレート
カカオ豆は「Food of the Gods」と呼ばれるほど栄養価が高く、古来、薬として愛用されてきました。昨今、カカオ含有率70%以上のチョコレートの健康効果について、メディアでよく見聞きをするようになりましたが、カカオニブは、カカオそのもの。栄養素をダイレクトに取り入れることができます。Pipiltin Cocoaのカカオニブは、カシューナッツと一緒にキャラメライズされており、「カカオ含有率が高いものは苦味やくせがあって食べにくい」という方にも美味しくお召し上がりいただけます。


<製品および販売概要>
・Pipiltin Cocoaチョコレート
 (チョコバー、キャラメルがけカカオニブ&カシュー、チョコスプレッド)
・価格   :650円(税込)より
・販売情報 :オンラインショップによる販売 http://www.pipiltin.jp/
       (お取り扱いいただける小売業の方は別途お問合わせ下さい)
・販売開始日:2017年1月17日(火)


【株式会社Rubah4について】
社名   :株式会社Rubah4
設立   :2016年11月2日
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビル8F
      (マップマーケティング株式会社内)
資本金  :600万円(マップマーケティング株式会社 100%子会社)
代表者  :代表取締役 鈴木 雄二
事業内容 :食品・雑貨などの販売と輸出入業、
      インターネットを利用した通信販売業


【一般のお客さまおよびお取扱に関するお問い合わせ先】
株式会社Rubah4
TEL  : 03-6455-0650
     (平日:9:30-12:00/13:00-17:30)
e-mail: info@rubah4.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る