• トップ
  • リリース
  • 司馬遼太郎氏の不朽の名作 『この国のかたち』遂に電子書籍化      12月9日から主要電子書店で発売開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社文藝春秋

司馬遼太郎氏の不朽の名作 『この国のかたち』遂に電子書籍化      12月9日から主要電子書店で発売開始!

(@Press) 2016年12月08日(木)09時00分配信 @Press

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月9日(金)、司馬遼太郎氏の『この国のかたち』の電子書籍版を発売いたします。

『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的人気小説を生み出し、この国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。
 中でも『この国のかたち』は、月刊文藝春秋に十年にわたり連載された巻頭随筆を中心にまとめた作品で、「朱子学」「神道」「統帥権」「帝国海軍」といった日本の成り立ちに深くかかわるテーマを鋭く分析、日本人の本質を長年にわたって考察してきた司馬氏ならではの、独自な史観にもとづく歴史評論です。刊行以来、多くの読者に読み継がれているベストセラーでもあります。

 司馬遼太郎作品は、2014年の『竜馬がゆく』から電子書籍化が始まり、2016年1月1日には、『坂の上の雲』も電子化されました。『この国のかたち』は、読者からの電子化リクエストの非常に多かった作品です。

 また、9日は司馬氏にとって20年ぶりの新刊『ビジネスエリートの新論語』が発売となります(電子版も同日発売)。古今東西の明言・格言を引用しつつ、組織内で生きるうえで必要な覚悟や努力のあり方を説いた、ビジネスマン必読の一冊となっています。司馬遼太郎名義としては20年ぶりの新刊であり、初の新書での刊行というのも話題です。

*注意! 司馬遼太郎「遼」は正しくは、「にてんしんにょう」になります

■書誌情報■
書名:『この国のかたち』全六巻/合本『この国のかたち』
著者:司馬遼太郎
販売価格:各500円
     合本3000円(税込)※電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1671056000000000000A
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692031200000000000A

配信日:12月9日(金)

■書誌情報■
書名:『ビジネスエリートの新論語』
著者:司馬遼太郎
販売価格:929円(税込) ※電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります。
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1666111000000000000X
配信日:12月9日(金)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る