• トップ
  • リリース
  • KT-NETとエンカツ社、個人情報漏えい時の“説明責任の果たし方”についてのロールプレイング演習を来年1月スタート 1月26日には第一回セミナー実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

KT-NET、有限会社エンカツ社

KT-NETとエンカツ社、個人情報漏えい時の“説明責任の果たし方”についてのロールプレイング演習を来年1月スタート 1月26日には第一回セミナー実施

(@Press) 2016年12月08日(木)11時30分配信 @Press

IT企業を対象としたビジネスコラボレーション集団のKT-NET(本部:東京都品川区、事務局 東京システムハウス株式会社、以下「KT-NET」)と、広報&危機管理広報コンサルタントの有限会社エンカツ社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:宇於崎 裕美、以下「エンカツ社」)は共同で、個人情報漏えい事件・事故発生時の“説明責任の果たし方”についてのロールプレイング演習サービスを2017年1月から開始します。対象は、一般企業、自治体、学校法人、医療機関など個人情報を大量に保有するあらゆる組織です。


個人情報漏えい事件・事故発生時には、当該個人への連絡や謝罪はもちろんのこと、ホームページでの公表や報道機関への速やかな情報公開がいまや必須となっています。そのスピードが速ければ速いほど、詐欺などの被害拡大を防ぎ、さらには風評被害や訴訟リスクの減少にもつながります。しかし、具体的にいつ、何をどのように行えばよいのか、ほとんど知られていないのが実情です。

そこで、KT-NETとエンカツ社は、情報漏えい発生直後の謝罪から、ホームページでの公表文書の作成、記者発表会や報道発表資料の作成や配信、社員研修までを含めた具体策の策定と実施を行うサービスを共同で提供します。第一弾として、来る2017年1月26日(木)、下記の要領で「個人情報漏えい時の説明責任の果たし方研修―基礎編」を開催します。セミナーでは、講義だけではなく、実習として謝罪文や発表資料の作成、模擬緊急記者会見も行います。


名称 :「第1回 個人情報漏えい時の説明責任の果たし方研修―基礎編」
日時 :2017年1月26日(木) 9:30〜12:00
場所 :東京システムハウス株式会社 会議室
    (最寄駅:JR山手線、都営浅草線「五反田」駅)
講師 :有限会社エンカツ社 代表取締役社長 宇於崎 裕美
定員 :12名
受講料:1万5千円(税抜)*教材費を含みます。
申し込み方法:住所・氏名・電話番号・メールアドレスを明記の上、
       下記までメールでお送りください。
       desk@enkatsu.jp
問い合わせ先:エンカツ社 担当:田中 電話:03-6417-1887
       あるいは
       KT-NET 担当:原口 電話:03-3493-5761

〇KT-NETのURL  : http://www.kt-net.jp/
〇エンカツ社のURL: http://www.enkatsu.jp/


■講師:宇於崎 裕美(うおざき ひろみ)
広報&危機管理広報コンサルタント。エンカツ社代表取締役社長。
横浜国立大学工学部安全工学科卒。つくば科学万博、リクルート、電通バーソン・マーステラ等勤務を経て“円滑”なコミュニケーションとビジネスを実現するコンサルティング会社有限会社エンカツ社を設立。国内外の企業、自治体、大学、業界団体等に対し、広報とマーケティングについてアドバイスを行うとともに、実際の現場作業も担当。記者発表会、プレスリリース、インタビュー、テレビ取材対応を実施。現在、東京消防庁広報・広聴アドバイザー。多摩市広報・PRアドバイザー。通常のPR業務のほか、危機管理広報、ネット対応、クレーム対応をカバー。これまでに個人情報漏えい、食品の異物混入、製品回収、社員不祥事によるネット炎上、学校と保護者の対立等各種クライシスに対応。これらの経験をもとに国内外の官庁、企業、大学等において広報、リスク・コミュニケーション、クライシス・コミュニケーションに関する講演やメディアトレーニングを実施。

著書:「不祥事が起こってしまった! ―企業ブランド価値を守る― クライシス・コミュニケーション」、「クライシス・コミュニケーションの考え方、その理論と実践」、「人と組織の心理から読み解くリスク・コミュニケーション」(共著)等

e-ラーニングプログラム:「個人情報漏えい発生直後3日間でやるべきこと一覧」( https://www.emanabu.jp/ )


■KT-NET:
KT-NETとは、株式会社KDDI総合研究所の協力を得て東京システムハウス株式会社が主催するIT企業を対象としたビジネスコラボレーション集団(会員組織)。2001年7月に設立。現在、100社を超える会員企業が参画し、会員得意分野(技術や市場)ごとの分科会活動(市場啓蒙・共同販売)、KDDI総合研究所の要素技術を組み込んだシステムの開発、自社ノウハウにないビジネスを展開している会員とのパートナーシップなど、会員間の情報共有を活発化。100社共同での情報発信を展開。


■有限会社エンカツ社:
“円滑”なコミュニケーションとビジネスを実現するコンサルティング会社。企業広報とマーケティング、リスクマネジメント、危機管理広報等、コミュニケーション活動全般に関する問題解決が専門。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る