• トップ
  • リリース
  • 〜さらに、安全、安心にご利用いただくため〜 当社線3駅に「可動式ホーム柵」を設置します

プレスリリース

  • 記事画像1

阪急阪神ホールディングス株式会社

〜さらに、安全、安心にご利用いただくため〜 当社線3駅に「可動式ホーム柵」を設置します

(@Press) 2016年12月05日(月)17時45分配信 @Press

北大阪急行電鉄(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:岸本 和也)では、ホーム上における事故防止対策として、これまでホーム非常通報装置の設置やホーム監視カメラの設置を進め、安全確保に努めてまいりました。
今般、当社線をより安全に、安心してご利用いただくため、3駅に「可動式ホーム柵」を設置します。

【詳細】
1.設置駅
千里中央駅(島式ホーム 1番線・2番線)
桃山台駅 (島式ホーム 1番線・2番線)
緑地公園駅(相対式ホーム 1番線・2番線)

2.仕様
・開口部 2,600mm
・腰高タイプの可動式ホーム柵(固定部ホーム床面から約1,320mm)

3.全体工程(予定)
千里中央駅 平成29年 1月工事着手〜平成29年 9月末竣工予定
桃山台駅  平成29年 6月工事着手〜平成30年 3月末竣工予定
緑地公園駅 平成29年 6月工事着手〜平成30年 3月末竣工予定


この件に関するお問い合わせ先
北大阪急行電鉄株式会社 総務部
TEL 06-6865-0601
FAX 06-6866-0254

北大阪急行電鉄HP http://www.kita-kyu.co.jp/
リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4670.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る