• トップ
  • リリース
  • 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」公開記念コラボレーション企画を実施します

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

叡山電鉄株式会社

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」公開記念コラボレーション企画を実施します

(@Press) 2016年12月05日(月)14時00分配信 @Press

叡山電鉄株式会社(本社:京都市左京区、社長:松下靖)では、2016年12月17日(土)より映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が公開されるのを記念し、コラボレーション企画を実施します。
本作品は、2014年8月に刊行され、WEBサイト「読者メーター」の<恋愛小説のおすすめランキング>で1位をキープし続けた話題の小説の実写映画化で、叡山電車の施設・沿線もロケ地として登場しています。
当社といたしましては、このようなコラボ企画を行うことで、より多くの方に「えいでん」を知っていただき、お越しいただければと考えております。また、このことを通じて京都・洛北エリアの活性化に寄与できればと考えております。

企画:叡山電鉄株式会社
協力:東宝株式会社

(1)ミュージアムトレイン「ぼく明日(あす)号」の運行
電車の中で映画のパネル展を開催し、ヘッドマークを掲出します。
車両番号:802―852号車
運行開始日:2016年12月7日(水)
運行終了日:2017年2月中旬(予定)
運行時刻表:叡山電車のホームページでお知らせいたします。
※車両点検やその他の理由により運休や運行開始日を変更することがありますのであらかじめご了承願います。

(2)宝ケ池駅にロケセットを再現
駅ホームへ撮影に使用されたものと同型のベンチを設置しています。
設置開始日:2016年11月15日(火)
設置終了日:2017年2月中旬(予定)

(3)京都ロケ地散策マップの作成
叡山電車、京阪電車沿線のロケ地めぐりに便利な散策マップを作成し、主要駅や京都周辺の上映劇場等に設置するほか、ホームページでも公開します。
配布開始日:2016年12月中旬(予定)

【参考】
●映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(みなみやま たかとし)は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(ふくじゅ えみ)に一目見た瞬間で、恋に落ちた。勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。高寿と愛美の関係は誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた。しかし、高寿はある日、愛美から彼女の想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。
冬の京都を舞台にした、恋をする全ての人に贈るファンタジック・ラブストーリー。
12月17日土曜日より全国東宝系にて公開です。
ホームページ http://www.bokuasu-movie.com/
(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

●「叡山電鉄」
京都市の洛北と呼ばれる北東部に2つの路線を持つ鉄道会社です。京都御所に近い出町柳駅を起点に北上。途中、宝ケ池駅で二手に分かれ、東は比叡山、西は貴船口や鞍馬に続いています。沿線では、貴船神社や鞍馬寺などの寺院、川床で味わえる料理、つつじやあじさい、紅葉など四季折々の自然が楽しめます。看板列車として展望列車「きらら」や「ノスタルジック731」があります。
ホームページ https://eizandensha.co.jp/
Twitter https://twitter.com/eizandensha
YouTube https://www.youtube.com/user/eizandensha

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る