プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

GfKジャパン調べ:暖房器具の販売動向

(@Press) 2016年12月05日(月)15時45分配信 @Press

 GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は、家電量販店における暖房器具※1の販売動向について発表した※2。

【概要】
  ・11月の暖房器具販売は 前年を1割上回る。「北海道・東北」地区、「関東・甲信越」地区では2割増。

【気温低下により暖房の販売が拡大】 
 気温の低下に伴い、暖房器具の販売が伸長している。2016年の暖房器具の販売台数は、店頭に商品が出始める9月こそ前年を下回ったものの、10月では前年比2%増、販売が本格化する11月では同13%増となった。16年の11月は東京で観測史上初の積雪が記録されるなど、各地で平均気温が前年を下回ったことが影響した。
 11月の暖房器具販売の詳細をみると、販売の7割強(台数ベース)を占める電気暖房器具は台数前年比15%増、石油暖房が同11%増と、電気暖房の方が伸び率が高かった。
 11月はその他の空調機器販売も好調であり、近年暖房性能の進化が目立つエアコンは台数前年比8%増、冬場に暖房器具と併用されることの多い加湿器は同35%増となった。

図1. 暖房器具 販売台数推移
https://mypage.atpress.ne.jp/releases/117676/img_117676_1.png

【北日本、関東地区における販売が伸長】 
 11月の暖房器具販売は全国的に前年を上回ったが、「北海道・東北」地区では台数前年比19%増、「関東・甲信越」 ※3地区では同21%増と特に大きく伸長した。これらの地区では11月の気温が前年11月より3℃程度低く、また、10月との気温差も7〜8℃と大きかったため※4 、購入が喚起された。
 暖房器具は、センサー機能、省エネ機能、加湿機能など、進化が続くが、年間販売台数は12年度以降減少傾向にある。背景には暖房性能が向上したエアコンや床暖房の普及がある。こうしたことからリビング等でのメイン暖房としては大幅な需要拡大が見込みづらい状況にあるが、パーソナル暖房や脱衣所やトイレを始めとする小部屋での需要は今後も期待される。暖房器具の販売ピークは年間販売の3〜4割を占める12月であるが、今後も気温の追い風を受け販売を伸ばせるか注目される。

図2. 暖房器具 地区別販売台数前年比
https://mypage.atpress.ne.jp/releases/117676/img_117676_2.png


※1. 電気温風機、電気ストーブ、家具調やぐら、電気カーペット、電気掛・敷毛布、石油FF式暖房機、石油ファンヒータ、石油ストーブ、 温水ルームヒータ、ガスファンヒータ※2. 全国の家電量販店約4000店の販売実績を集計した調査に基づく
※3. 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川、山梨県、新潟県※4. 北海道・東北地区は札幌、関東・甲信越地区は東京の気温を採用


--------------------------------------------------------------------------------
GfKジャパン
URL: http://www.gfk.com/jp/

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、「GfKジャパン」のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」の表記でも結構です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る