• トップ
  • リリース
  • ベンチャー支援専門会社「株式会社ドーガン・ベータ」の新設分割に関するお知らせ

プレスリリース

株式会社ドーガン

ベンチャー支援専門会社「株式会社ドーガン・ベータ」の新設分割に関するお知らせ

(@Press) 2016年12月09日(金)10時00分配信 @Press

株式会社ドーガン(本社:福岡市、代表取締役社長:森 大介)は、平成29年1月4日を期して、下記の通り当社の起業家・ベンチャー支援事業を会社分割し、新設会社の株式会社ドーガン・ベータに承継させることを決定いたしましたのでお知らせします。

当社グループは、九州地域における「金融の地産地消」をテーマとして、九州地域の中小企業に向けたファンド投資(ベンチャーファンド・再生ファンド・事業承継ファンド等)や、アドバイザリー事業(M&A・戦略コンサルティング)のほか、人材紹介事業など、幅広い分野でサービスを提供しております。茲許、創業特区として国家戦略特区認定を受けた福岡市を中心として、九州地域でもベンチャー投資への注目度が高まっており、高い可能性を秘めたスタートアップが飛躍的に増加している傾向もうかがえます。このような環境下、より高い専門性と機動性をもって九州地域のベンチャー企業への投資を加速させるため、上記会社分割により、グループ内での責任を明確化し、より強力にベンチャー支援に取り組みたいと考えております。


■新設会社の概要
商号    :株式会社ドーガン・ベータ
主な事業内容:(1)ベンチャーファンド
        「九州アントレプレナークラブファンド」
         (その後継ファンドを含む)運営
       (2)本社所在地にて運営するインキュベーション施設
        「アントレプレナークラブ“OnRAMP”(オンランプ)」の運営
       (3)その他、起業家・ベンチャー企業支援事業
本社所在地 :福岡市中央区大名2丁目4番22号
資本金   :1,500万円
代表者   :林 龍平
役員体制  :代表取締役パートナー 林 龍平
       取締役パートナー   渡辺 麗斗
       取締役        森 大介
株主の状況 :株式会社ドーガン 100%


■「ドーガン・ベータ」の社名について
投資用語で、ベータ(β値)は、投資におけるリターンの源泉となる不確実性(リスク)を表します。また、システム開発の領域では、「β版」という言い方でサービスが開発中であることを表現します。
未成熟であるからこそ無限のチャンスがあり、リスクを取るからこそ成長がある。私たちは、九州地域において、成長性・社会性・収益性のあらゆる面において価値あるベンチャー投資を行うべく、九州特有の語感をもった相手を思いやる言葉(どげんですか?どがんですか?)と「ベータ」を組み合わせ、社名とさせていただきました。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る