• トップ
  • リリース
  • 漢字×アルファベットの両方が彫られた欧米人観光客向けのハンコが新発売〜 DUAL HANKO(デュアル・ハンコ) 〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社 文福堂印房

漢字×アルファベットの両方が彫られた欧米人観光客向けのハンコが新発売〜 DUAL HANKO(デュアル・ハンコ) 〜

(@Press) 2016年12月05日(月)14時00分配信 @Press

有限会社 文福堂印房(所在地:東京都品川区)は、漢字とアルファベットの両方が彫刻された、DUAL HANKO(以下 デュアル・ハンコ)の受注生産販売を2016年12月1日(木)に開始いたしました。

URL: http://dual-hanko.jp


■開発の背景
日本文化の象徴として、漢字が彫られたハンコは欧米人観光客の土産品として根強い人気があります。しかし漢字のみのハンコでは誰の名前が彫られているかを欧米人が判読するのは困難でした。そこで当社では、誰でも彫られた文字がわかるように漢字とアルファベットの両方が彫刻されたデュアル・ハンコを開発いたしました。


■デュアル・ハンコとは
デュアル・ハンコは、印面の下部4分の1ほどを反転させ、そこに名前をアルファベットを白ヌキで彫り、上部には外国人の名前の読みを当てはめた2〜5文字の漢字を彫ったものです。
サイズは2種類あり、16.5mm丸が¥3,000、18mm丸は¥3,500(いずれも税込)でハンコのキャップとポーチが付きます。(※ただし支払は日本円で現金のみ。)
朱肉は別売りですが、当社のSNSに写真と名前を掲載することを許諾いただいた方には、¥500の朱肉をプレゼントします。

<作品例>
https://www.atpress.ne.jp/releases/117544/img_117544_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/117544/img_117544_4.jpg


■英米男女1,200種の名前をデータ化
デュアル・ハンコの受注製造・販売は東京・大井町の当社直営店と京都・中京区の提携店の2店のみで通信販売は行っておりません。仕上がりは受注状況に応じて早ければ1時間後、遅くとも翌営業日開店時間には完成しています。
両店ともスタッフは決して英語に堪能ではありませんが、独自の英語接客サポートWebページと漢英一覧ファイルにより、英語が話せるお客様であれば注文から引き取りまで円滑に行える体制を整えています。
当社では、すでに英米男女1,200種の名前をデータ化しており、今後は他言語のデータ化を進める予定です。また当社Webページでは、デュアル・ハンコの捺印・取扱い方法を、動画を交えて英語で詳しく説明しています。
当社、代表取締役の松崎 文一は「自分の名前が彫られたハンコを捺す楽しみを、多くの欧米人旅行客に味わってもらいたい」と語っています。

【DUAL HANKO 東京】
店名  :はんこランド(有限会社 文福堂印房)
所在地 :〒140-0011 東京都品川区東大井5-7-12
アクセス:JR京浜東北線「大井町駅」東口徒歩3分
     りんかい線・東急大井町線「大井町駅」徒歩3分
営業時間:月曜〜金曜 10:00〜18:30
定休日 :土曜・日曜・祝日

【DUAL HANKO 京都】
店名  :マツヤ印判
所在地 :〒604-8461 京都府京都市中京区西ノ京中保町9
アクセス:JR山陰本線「円町駅」徒歩5分
営業時間:月曜〜土曜 9:00〜19:00
定休日 :日曜・祝日

※DUAL HANKOは有限会社 文福堂印房の登録商標です。
※DUAL HANKOの印面デザインは意匠登録済みです。

URL: http://dual-hanko.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る