• トップ
  • リリース
  • 高解像4K映像に加え、高精度な奥行認識ができる3D映像の表示に新たに対応 医療用3D対応4K液晶モニター2機種 発売

プレスリリース

  • 記事画像1

ソニービジネスソリューション株式会社

高解像4K映像に加え、高精度な奥行認識ができる3D映像の表示に新たに対応 医療用3D対応4K液晶モニター2機種 発売

(@Press) 2016年11月30日(水)13時45分配信 @Press

ソニーは、高精度に奥行情報を認識できる3D映像の表示に対応した医療用4K液晶モニター『LMD-X550MT』 (55型)、『LMD-X310MT』 (31型)を発売します。
昨今の医療現場では、手術顕微鏡や内視鏡装置などの医療機器も、4K映像やHD/3D映像への対応が進んでおり、そのクオリティを再現できる表示機器が求められています。
医療業界では、高い精度が求められる手術において、4K解像度の高精細な映像や、奥行情報を認識できる3D映像を活用することで、医療技術の更なる向上を目指したいという要望が高まっています。
本商品は、4Kの高精細かつ広色域の映像を、細部までクリアに表示し、手術の視認性向上に貢献します。3D信号の表示には、4K医療用モニターとして業界に先駆けて対応しています。
HD/3D信号を4K解像度のパネルで表示する場合、従来のHD画質の3Dモニター(※1)に比べて、最大4倍(※2)の解像度が確保できるため、より高精度な3D映像で手術をサポートします。
ソニーは、4Kや3Dに対応する医療映像機器・ソリューションの提案を積極的に推進しています。本機の導入により、ソニーの3D対応の医療用モニターのラインアップはHDから4Kまで幅広く揃いました。今後も映像を通じた医療への貢献を目指します。

※1:現行機種『LMD-3251MT』、『LMD-2451MT』
※2:従来のHD・3Dサイドバイサイド方式やHD・3D SDIデュアルストリーム方式との比較において

▼プレスリリースはこちら
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201611/16-116/index.html

▼メディカル関連機器の商品情報はこちら
http://www.sony.jp/medical/


【本件に関するお問い合わせ】
 ソニービジネスソリューション株式会社
 業務用商品相談窓口
 フリーダイヤル 0120-788-333
 携帯電話・PHS・一部のIP電話からは 050-3754-9550
 FAX 0120-884-707
 受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

【プロフェッショナル/業務用製品情報】
 http://sony.jp/pro/

【ソニービジネスソリューション】
 http://www.sonybsc.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る