• トップ
  • リリース
  • アクロニスとスクーデリア・トロ・ロッソ、パートナーシップの次の段階へ 新たなテクノロジの導入を開始

プレスリリース

アクロニス・ジャパン株式会社

アクロニスとスクーデリア・トロ・ロッソ、パートナーシップの次の段階へ 新たなテクノロジの導入を開始

(@Press) 2016年12月01日(木)11時00分配信 @Press

当リリースは2016年11月25日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
アクロニスとスクーデリア・トロ・ロッソとのパートナーシップによって、アクロニスの取引先は利益を享受し、イノベーションが促進され、アクロニスのクラウドビジネスが世界中で急成長を遂げました。
ハイブリッドクラウドデータ保護およびストレージにおけるグローバルリーダーであるアクロニスは、世界最速かつもっとも革新的なデータ保護テクノロジを、スクーデリア・トロ・ロッソのITインフラストラクチャへ導入することとしました。アクロニスとスクーデリア・トロ・ロッソは、アブダビで開催された2016年のF1レース最終戦において、100を超える取引先とITサービスプロバイダとともにこの機会を祝いました。


■ナンバーワン、高速、革新的
スクーデリア・トロ・ロッソは、現在F1の統括機関であるFIAが今年発行した一連の新しい技術規則に準拠した新しいレーシングカー「STR12」の生産を開始しました。新車の部品の設計および製造が可能であるイタリア ファエンツァにあるトロ・ロッソのファクトリの生産チームは、時間制約により製造プロセスの一部をサードパーティのプロバイダに委託せざるを得ない状況に直面しています。そのため、トロ・ロッソはその知的財産の一部を外部のベンダーに引き渡さねばならず、堅牢なファイル共有テクノロジの必要性が表面化しています。

・ファイルの同期と共有
スクーデリア・トロ・ロッソは、機密データを共有する高度なデータセキュリティやユーザー管理機能を搭載した「Acronis Access Advanced」を使用することにより、この必要性に対処します。また、Acronis Access Advancedには、ユーザー動向の追跡や包括的なファイルアクセス履歴の維持などが含まれます。

・データストレージ
新車の設計およびテストのプロセスは、完全にデータに基づいています。スクーデリア・トロ・ロッソは、15TBを超す新規データを毎日生成しており、わずか1年前の生成量と比較しても50パーセント増加しています。このデータを保存し、改ざんから保護することが必要です。スクーデリア・トロ・ロッソでは、Acronis Notary(TM)によるブロックチェーンデータ・ウォーターマーキング・メカニズムを備えたAcronis Storageを導入することで、徐々にデータストレージを最適化し、F1レーシング・チームが将来、重要データの真正性を検証できるようにします。

・データ保護
また、スクーデリアは、Acronis Hybrid Cloudアーキテクチャを搭載した別のデータ保護テクノロジの導入も計画しています。これには、世界最速のバックアップおよび復元速度を実現するAcronis Backup、ファクトリがある地域で頻繁に起こる地震などの自然災害が発生した場合のビジネス継続性を保証するAcronis Disaster Recovery Service、そして重大なIT障害の包括的な監視と迅速な解決のためのAcronis Monitoring Serviceが含まれます。

スクーデリア・トロ・ロッソのチームプリンシパル、Franz Tost氏はこう述べています。「アクロニスが参加したのはシーズン半ばでしたが、私たちのIT部門に関する限り、存在感が増すまでに長い時間はかかりませんでした。弊社のデータが保護されていて安全なことを確信する必要があるだけでなく、たとえばレース戦略に関して即断即決が必要な場合など、すぐにデータにアクセスしたい状況もあります。アクロニスは、ハイブリッドクラウドデータ保護のリーダーとしてこれら両方の要件に対応することができ、弊社ではシーズンの後半中にすでにメリットを見出しました。」


■イノベーション
パートナーシップによって、米国、シンガポール、およびロシアのアクロニスR&Dセンターを通じて、イノベーションと新しいテクノロジの供給も促進されています。今年、アクロニスは、モータースポーツチームや常に稼働しているビジネスの必要性をサポートする多数の革新的なテクノロジをリリースしました。これには、Acronis Notary(TM)のデータノータリゼーション、Acronis CloudRAID(TM)のソフトウェア定義ストレージ冗長性、Acronis Instant Restore(TM)のデータ復元テクノロジなどが含まれます。

アクロニスの設立者でCEOを務めるSerguei Beloussovは次のように述べています。「今までのところ、アクロニスはトロ・ロッソとのパートナーシップが生み出した結果に満足しています。お互いにとってメリットが見られます。F1チームは、迅速なイノベーションと新しいテクノロジの開発のために、収集したデータを非常に効率良く使用しています。アクロニスでも同じです。このパートナーシップにより、F1業界にとってだけでなく、データに依存するビジネス社会全体にとってメリットのある相乗効果が生まれました。」


■ローカルビジネスのメリット
アクロニスのテクノロジは、データの可用性に依存するスクーデリア・トロ・ロッソのようなあらゆる企業のデータストレージおよびデータ保護の作業を簡素化します。

たとえば、中東の異なる40の地域に8,000人以上の従業員を抱え、ドバイに本拠地を置く国際的なコンソーシアムのBelhasaは、Windowsサーバーおよびワークステーションの莫大なネットワークを保護するためにアクロニスのテクノロジを選択しました。

Belhasa International Companyのグループシニアシステムエンジニア、Syed Abbas氏はこう述べています。「アクロニスは、弊社の複雑で分散された重要データの管理という難題を巧みに解決してくれました。このバックアップソリューションにより、弊社に最適な柔軟性が既存のプラットフォーム上で最小のコストフットプリントによって実現したと自信を持って言うことができます。」


■グローバルな取引先およびサービスプロバイダのメリット
アクロニスは、F1の価値をそのソリューションのポートフォリオ全体を通じて受け入れました。これには、次のようなコンシューマおよびサービスプロバイダ向け製品が含まれます。
・Acronis True Image - ナンバーワンの個人バックアップ
・Acronis Backup 12 - ナンバーワンのSMBバックアップ
・Acronis Backup Cloud - ナンバーワンのクラウドバックアップ
・Acronis Storage - ナンバーワンのソフトウェア定義ストレージ

スクーデリア・トロ・ロッソとのパートナーシップは、これらの製品を使用することによって、取引先およびサービスプロバイダにメリットをもたらすことがすでに実証されています。
・パートナーシップ開始からわずか5か月のうちに、アクロニスは、Acronis Racing Weekendで世界中の1,000を超えるゲストをスクーデリア・トロ・ロッソとともにもてなしました。
・レースのあと、アクロニスの取引先はアクロニス製品への興味が高まり、売り上げが増加したと回答しました。
・これにより、スポンサーシップ契約前の同期間と比較して、全世界の取引先で50%の成長を遂げました。これには、アフリカおよび東南アジアの各地域でのおもなクラウドサービスプロバイダであるSynopsys SystemsおよびInnovix Distributionとの新しいパートナーシップが含まれます。
・APAC地域では、2016年のアクロニスのクラウドビジネスは前年比50%を超えて成長しており、現在のところは売り上げ全体の20%以上を占めています。
・中東およびアフリカ地域では、アクロニスのクラウドビジネスは、エンタープライズおよびコンシューマ向けバックアップ製品が堅調な伸びを見せ、2016年に前年比50%の成長を遂げました。

ガートナー社( http://www.gartner.com/newsroom/id/3365117 )によると、中東および北アフリカ地域のパブリッククラウドサービスは、2016年には前年比18.3%増の8億8,000万ドルに達すると予測されています。

アクロニスは、アブダビで開催されたAcronis Racing Weekendで、主要取引先や顧客とこの貴重な機会について話し合いと意見交換の場を持ち、アクロニスの経営幹部は、取引先のビジネスの成長にさらに多くの機会を提供し、新しく画期的なアクティブデータ保護テクノロジについても明らかにしました。


■取引先重視のサービス
アクロニスは取引先および顧客の声に耳を傾け、現在の市場のニーズに直接対応する新たなテクノロジを開発します。アクロニスの新しいハイブリッドクラウド・アーキテクチャは、取引先および顧客がデータを管理する支援を行うために特別に設計されたものです。アクロニスは、市場の成長をサポートするため、あらゆる地域に十分なローカルリソースを割り当てています。


Acronis(R)は米国、及び米国外におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。


■アクロニスについて
アクロニスは、バックアップ、ディザスタリカバリ、セキュアアクセスソリューションによって次世代データ保護の標準を確立します。コアテクノロジーであるAnyDataエンジンを活用し、仮想、物理、クラウド、モバイルといったさまざまな環境のシステム、ファイル、アプリケーションを対象に、容易かつ安全で、包括的なバックアップとセキュアアクセスを実現します。2003年の設立以降、アクロニスは、世界145か国の500万人以上の個人ユーザーと50万社以上の企業ユーザーのデータを保護しています。100件以上の特許を保有したアクロニスの製品は、移行、クローン作成、レプリケーションを含むさまざまな機能を備えています。詳細については、 http://www.acronis.com をご覧ください。また、最新情報など、ソーシャルメディアでも提供しております。

Twitter : https://twitter.com/acronis_japan
Facebook: http://www.facebook.com/acronisjapan
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る