• トップ
  • リリース
  • スリランカ民主社会主義共和国で開催される「日・スリランカISDB-T放送技術セミナー」に参加

プレスリリース

株式会社ピクセラ

スリランカ民主社会主義共和国で開催される「日・スリランカISDB-T放送技術セミナー」に参加

(@Press) 2016年12月01日(木)11時00分配信 @Press

株式会社ピクセラ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤岡 浩、以下 当社)は、2016年12月1日にスリランカ民主社会主義共和国で開催される日・スリランカISDB-T放送技術セミナーにおいて、総務省の請負事業「地上デジタル放送日本方式(ISDB-T方式)採用国におけるモバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の普及に関する調査の請負」の一環として、モバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の展示、8MHzバンド幅ISDB-T地上デジタル放送波および緊急警報放送(EWBS信号)の受信機能のデモ、ならびにISDB-T方式採用国を対象とした受信機の需要把握及び課題調査を行うことをお知らせします。

URL: http://www.pixela.co.jp/company/news/2016/20161201.html


■今後の見通し
ISDB-T方式を採用した中南米諸国をはじめ、スリランカ、モルジブ、ボツワナ等においては、放送設備の整備、デジタル放送の開始、アナログ放送の停波といった、デジタル放送への移行がいよいよ本格化しつつあります。その中で、各ISDB-T方式採用国間で異なる周波数バンド幅(6MHz〜8MHz)に対応したセットトップボックスや、モバイル受信を可能とするモバイル端末対応受信機への需要が高まりつつあります。
また、地震・津波・水害等の災害発生時における放送波による緊急情報伝達手段として、緊急警報放送(EWBS)対応機能も注目されてきており、このEWBS機能に対応したデジタル放送受信機がISDB-T採用国の間で特に求められてきております。
これらの背景から、いかに諸外国のニーズに合致させたデジタル放送対応受信機を供給することができるかが、今後のISDB-T方式の国際展開におけるプレゼンスの向上や我が国の放送関連産業における国際競争力強化につながるものと考えられます。
当社は、ISDB-T方式採用国を対象としたモバイル端末対応受信機及び高度化対応受信機の普及に関する調査、開発を通して、我が国の放送産業の国際展開に寄与してまいります。


■開催概要
名称:日・スリランカISDB-T放送技術セミナー
日時:2016年12月1日(木)
会場:スリランカ民主社会主義共和国 コロンボ市 Ramada Colombo Hotel


■会社情報
会社名(商号) : 株式会社ピクセラ
代表者    : 代表取締役社長 藤岡 浩
所在地    : 〒556-0011
         大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー25F
設立     : 1982年(昭和57年)6月
資本金    : 16億46百万円(2015年12月31日現在)
上場証券取引所: 東京証券取引所市場第2部(証券コード:6731)
事業内容   : パソコン向けデジタルテレビキャプチャー、
         デジタルテレビチューナー、
         IoTホームサービスおよびその関連機器、
         AR/VRアプリケーションソフトウェア、
         ビデオカメラ向けアプリケーションソフトウェア、
         スマートフォン・タブレット向け周辺機器などの
         開発、販売
URL      : http://www.pixela.co.jp/

※ 文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る