• トップ
  • リリース
  • 多可町安田郷メガソーラー発電所の竣工式を挙行再生可能エネルギー事業による地域創生を目指して

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

多可町安田郷メガソーラー発電所の竣工式を挙行再生可能エネルギー事業による地域創生を目指して

(@Press) 2016年11月29日(火)15時30分配信 @Press

 京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:山口悟郎、以下「京セラ」)、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「三菱総研」)、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田俊一、以下「東京センチュリー」)、および四電エンジニアリング株式会社(本社:香川県高松市、取締役社長:谷川進、以下「四電エンジ」)が共同出資する多可町安田郷メガソーラー発電合同会社(以下「多可町メガソーラー合同会社」)は、兵庫県多可町にて約14.5MWのメガソーラー発電所の運転を2016年11月2日に開始し、29日に竣工式を挙行しました。

 京セラ、三菱総研、東京センチュリー、四電エンジの4社は、兵庫県公表のメガソーラー候補地情報に基づき、2013年5月関係者による事業検討を開始し、2014年10月に多可町メガソーラー合同会社を設立しました。2015年3月に林地開発許可を取得し建設工事を進めてまいりましたが、このたび完成し、2016 年11月2日から売電を開始しております。
 本事業は、多可町メガソーラー合同会社が事業運営を行います。東京センチュリーはファイナンスとそのアレンジメントを担当し、発電所の設計・施工を四電エンジが担当しました。また、太陽電池モジュールと周辺機器の供給は京セラが行い、事業期間中の保守・管理を株式会社京セラソーラーコーポレーションが担当します。三菱総研は事業全体の統括およびコンサルタント業務を実施し、運転開始後は多可町メガソーラー合同会社の運営業務(アセット・マネジメント)を担当します。
 2016年11月29日に多可町にて挙行した竣工式では、多可町役場関係者、地域住民の方々をはじめ、事業関係者約100名が出席しました。
 京セラ、三菱総研、東京センチュリーおよび四電エンジは本事業を通じ、再生可能エネルギーの普及を促進するとともに、地球環境保全ならびに地域創生に貢献してまいります。

【多可町安田郷メガソーラー発電所の概要】
所  在  地 :兵庫県多可郡多可町中区西安田458-9他
事  業  主 :多可町安田郷メガソーラー発電合同会社
出 力 規 模 :約14.5MW
太陽電池設置枚数:京セラ製太陽電池モジュール合計約56,000枚
年間予想発電量:合計約1,606万kWh
         (一般家庭約4,930世帯分(※1)の年間電力消費量に相当)
売  電  先 :関西電力株式会社
スケジュール:着工:2015年4月、運転開始:2016年11月

※1 1世帯当り3,254.4kWh/年で算出
出典:一般財団法人日本原子力文化財団「原子力・エネルギー図面集2016」




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る