• トップ
  • リリース
  • 「プロ・リクルーター」の活躍で日系大手の採用変革がいよいよ加速日本のトップ人事&採用先進企業12社を表彰

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ビズリーチ

「プロ・リクルーター」の活躍で日系大手の採用変革がいよいよ加速日本のトップ人事&採用先進企業12社を表彰

(@Press) 2016年11月29日(火)13時00分配信 @Press

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、2016年11月21日(月)に各業界の人事担当者約140名が一堂に会する「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」を開催いたしました。本アワードは、海外では主流であり、近年日本でも広まっている新しい採用手法「ダイレクト・リクルーティング」を積極的に取り入れ、主体的・能動的な採用活動に取り組んでいる先進的な企業の人事部を表彰するものです。

第3回となる今年は、日本において比較的早くから「ダイレクト・リクルーティング」を取り入れてきた外資系企業やベンチャー企業に加えて、日系大手企業が多数受賞しました。また、「ダイレクト・リクルーティング」を体現・推進する採用スペシャリストが注目を浴びていることを受け、「プロ・リクルーター賞」を新設いたしました。

■ダイレクト・リクルーティング・アワード2016 受賞企業一覧
・大賞
   アクセンチュア株式会社
・優秀企業賞
   株式会社アシックス
   エアアジア・ジャパン株式会社
   ソニー株式会社
   日本アイ・ビー・エム株式会社
   パナソニック株式会社
   freee株式会社
   三井化学株式会社
   三菱重工業株式会社
   楽天株式会社
・特別賞
   石川県人材確保・定住推進機構
   岡崎ビジネスサポートセンター(OKa-Biz)
・プロ・リクルーター賞
   アマゾンジャパン合同会社人事部 リクルーター バーケル 祐芙子 氏

■人材獲得競争のなかで広がる「ダイレクト・リクルーティング」と「プロ・リクルーター」
近年、産業構造の変化や企業のグローバル化などにより、日本でも人材獲得競争がますます激化しています。そのようななか、人材紹介会社や求人広告といった従来の採用手法だけでなく、SNSや人材データベースなどを含む、あらゆる手段を企業側が主体的に考え、能動的に実行する「ダイレクト・リクルーティング」が広がっています。また、採用のプロフェッショナルとして、企業の「ダイレクト・リクルーティング」を体現・推進する「プロ・リクルーター」の役割も注目されており、今回の受賞企業でも多くが「プロ・リクルーター」体制を確立しています。

ビズリーチは、「ダイレクト・リクルーティング」を実現するツールとして、日本で初めて人材データベースを企業に開放し、国内最大級の即戦力人材データベースを提供し続けています。第3回となる「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」では、ビズリーチ利用企業(累計)5,500社以上のなかから、採用数、取り組みなどを基準にポイント化し、受賞企業を決定いたしました。

■大賞受賞企業のコメント
アクセンチュア株式会社 人事部 中途採用 Specialist 長谷川 紀子 氏
当社では、ビジネスの拡大にともない、日本における採用目標が年々大きくなっています。限られたリソースやコストといった壁を乗り越えながら大きな目標を達成するため、昨年度は人事組織における体制変革と「ダイレクト・リクルーティング」の推進に注力しました。その結果、転職潜在層へのアプローチ、社内でのナレッジ蓄積、コストの最適配分などを実現でき、大きな成果をあげることができました。今後とも経営に結びついた戦略的な採用活動を実行していくため、あらゆるツールを活用しながら、主体的な採用活動に取り組んでいきたいと思います。

■株式会社ビズリーチ 取締役 キャリアカンパニー カンパニー長 多田 洋祐 コメント
グローバル規模での人材獲得競争は、依然として激しさを増しています。また、テクノロジーの進化を背景に、ここ数年で採用手法も急速に多様化しています。つまり、企業が人材獲得へ向けて自由に競争できるようになった一方、「受け身」の姿勢でいては優秀な人材の獲得が極めて難しくなっているのです。
日本でも企業経営における採用力が大きなインパクトを持つようになっています。そのような中、多くの企業が主体的・能動的な採用活動「ダイレクト・リクルーティング」の重要性を強く認識し、採用変革に取り組んでいます。今回のアワードでも外資系企業やベンチャー企業のみならず、日系大手企業が多数受賞されました。過去受賞企業は外資系やITベンチャー中心だったことを考えると、まさに日本における採用活動の変化が表れています。
また、「ダイレクト・リクルーティング」の浸透に伴い注目されているのが、「プロ・リクルーター」の存在です。主体的・能動的な採用活動を推進する採用スペシャリストは、海外では以前から非常に重要なポジションとして位置づけられてきました。ビズリーチは、そのような方々を「プロ・リクルーター」と称し、「プロ・リクルーター賞」を新設いたしました。今、日本においても採用活動や採用担当者の在り方が大きく変わりつつあります。ビズリーチは今後も、世界水準の採用のあるべき姿を実現すべく、企業の経営者・人事の皆様をご支援して参ります。

■「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」参加企業一覧
計79社(五十音順、一部企業を除く)
アクセンチュア株式会社、アサヒビール株式会社、アマゾンジャパン合同会社、石川県人材確保・定住推進機構、株式会社IDOM、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、エアアジア・ジャパン株式会社、エーザイ株式会社、エス・アンド・アイ株式会社、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、株式会社大塚家具、オリックス株式会社、株式会社カカクコム、クックパッド株式会社、株式会社ぐるなび、株式会社湖池屋、株式会社サイバーエージェント、株式会社サニーサイドアップ、GEジャパン株式会社、株式会社シーイーシー、シーメンスヘルスケア株式会社、株式会社ジェイティービー、シミックホールディングス株式会社、株式会社商船三井、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ、株式会社すかいらーく、株式会社スクウェア・エニックス、住信SBIネット銀行株式会社、ソニー株式会社、ソフトバンク株式会社、高砂熱学工業株式会社、株式会社タカラトミー、武田薬品工業株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、帝人株式会社、デル株式会社、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、東京海上日動システムズ株式会社、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社、トレンドマイクロ株式会社、日産化学工業株式会社、ニッセイ情報テクノロジー株式会社、株式会社ニトリ、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本製紙株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、パナソニック株式会社、株式会社光通信、株式会社日立コンサルティング、華為技術日本株式会社、株式会社VSN、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン、富士フイルム株式会社、株式会社富士薬品、フューチャーアーキテクト株式会社、freee株式会社、ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社、株式会社ベネッセホールディングス、株式会社マッキャン・ワールドグループ ホールディングス、株式会社みずほ銀行、三井化学株式会社、三菱重工業株式会社、株式会社メイテック、ヤフー株式会社、ヤマトフィナンシャル株式会社、ライフネット生命保険株式会社、楽天株式会社、株式会社リクルートテクノロジーズ、株式会社レオパレス21、株式会社ワークスアプリケーションズ、大日本印刷株式会社

■即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について
ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。企業が求職者へ主体的にアプローチできるプラットフォームを提供することで、「欲しい」人材を獲得するために採れる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクト・リクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチされることで、キャリアの可能性と選択肢を最大化できます。現在は累計5,500社以上、74万人以上(2016年11月現在)の会員の方にご利用いただいており、グローバル企業や国内の大手企業にも多くご利用いただいています。(参照URL: https://www.bizreach.jp/

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は725名(2016年11月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、若手社員のためのレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」、AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、地図で仕事が探せるアプリ「スタンバイ」などを展開。(参照URL: https://www.bizreach.co.jp/


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る