• トップ
  • リリース
  • インバウンド領域でベンチャー企業がタッグ。通訳サービス「スマイルコール」を運営するインデンコンサルティングと、インバウンドマーケティングの強化拡大を目指すシンバスが、販売代理店契約を締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社インデンコンサルティング

インバウンド領域でベンチャー企業がタッグ。通訳サービス「スマイルコール」を運営するインデンコンサルティングと、インバウンドマーケティングの強化拡大を目指すシンバスが、販売代理店契約を締結

(@Press) 2016年11月29日(火)11時00分配信 @Press

 株式会社インデンコンサルティング(本社:京都市中京区、代表取締役社長:黒松 高弘)は、自社メディア広告やWebサイトの企画から制作、運営までを行う株式会社シンバス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:榛葉 壮士)と、通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」の販売代理店契約を締結しました。今後は、急成長を続けるインバウンド市場のさらなる拡大を目指して、関東・関西エリアを中心に通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」を販売します。インデンコンサルティングの持つ、世界一の観光都市「京都」発のインバウンド商材と、シンバスの持つ、インバウンドマーケティング力を生かして、訪日外国人旅行者と店舗スタッフとのコミュニケーショントラブルを解決し、インバウンド消費の市場拡大に貢献します。


■製品ページはこちら
https://myco.jp/main/index.html

■販売代理店募集ページはこちら
https://myco.jp/main/agency.html


■契約の背景
 今月16日、日本政府観光局は、2016年1〜10月の訪日外国人旅行者数が、前年同期比23.3%増の2011万3千人に達したと発表し、当初2020年までの目標とされていた「年間2000万人」を、2016年10月時点で早くも突破する形となりました。この予想を上回るペースでの訪日外国人旅行者数の伸びを受け、現在政府は、観光ビジョンの中で新たに、今の倍にあたる「年間4000 万人」、そして「訪日外国人旅行消費額8兆円」を目標に掲げており、「インバウンド旋風」のさらなる加速が予想されます。

 しかし一方で、訪日外国人の受け入れ体制に目を向けると、「おもてなし」不満ランキング第1位に「外国語でのサービスが少ないこと」が挙げられます。言語面での不安・不満が課題として残っており、全国の各観光地の企業様、病院、店舗オーナー様を悩ませています。
 インバウンド需要の取り込みには、交通インフラ・ホテル客室数の確保などのハード面の整備と、「言葉の壁」・外国人対応に対する苦手意識、接客姿勢の見直しといったソフト面の整備が必要です。訪日外国人旅行者数は急増しているため、観光産業の収益は拡大していますが、その規模は2014年時点で国内総生産(GDP)全体のわずか0.5%にとどまり、例えば、タイの10.4%、フランスの2.4%、米国の1.3%など、旅行人気の高いアジアや欧米の国々と比較すると、低い割合になっています。「訪日外国人旅行者数、年間4000 万人」という集客目標と、「訪日外国人旅行消費額、8兆円」という消費目標を、同時に達成するためには、インバウンドを受け入れる日本企業のマーケティング力強化やスタッフの教育、体制の整備などが必要不可欠だと考えられます。

 そうしたインバウンド領域における法人の課題・困難を早くから感じとった株式会社シンバスは、株式会社インデンコンサルティングが運営する通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」の販売代理店契約を締結いたしました。インバウンドマーケティングの強化と受け入れ体制の構築に悩む法人へ、通訳サービスを紹介し、観光先進国・日本の実現に向けて、様々な企業様の支援を行います。


■株式会社インデンコンサルティングについて
 本社は京都。設立は2009年7月(グループ創業は2000年12月)。インバウンド領域におけるBtoB向けのシステム開発、コンサルティング事業を行う。iPhone・iPadのビデオチャット機能を利用して、5言語24時間365日の通訳対応を実現する通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」(https://myco.jp/main/index.html)や中国のSNS上の著名人(パワーブロガー)と協力して、クライアント様の中国向けのPRをお手伝いする「SMILE PRODUCTION(スマイルプロダクション)」(http://inden.ne.jp/smileproduction/)などのサービスを開発しながら、「インバウンドの総合商社」を目指して、合計300社以上をインバウンドの側面から支援している。


■株式会社シンバスについて
 本社は東京。設立は2010年1月。「コンシェルジュメディア」として、自社メディアの運営を行う。クライアントに対して成果を保証したwebサイトの企画提案を行うことで、クライアントとユーザーがしっかりと契約につながるよう、Webマーケティングの施策などさまざまなコンサルティングを行っている。2016年9月には、インバウンドマーケティング領域における成長戦略を加速させるため、インバウンドマーケティング専門の新会社「株式会社BEYOND」を設立し、訪日外国人旅行者が来日する前後に向けたSNS多言語運用やPRの代行サービスなどを行っている。


■通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」について
 タブレット端末iPhone・iPadのビデオチャットを利用して、人と人とが実際に顔を合わせる通訳サービスです。通訳者と向き合いながらの通話が可能で、外国語(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語 ※2016年11月29日現在)から日本語に、日本語から外国語に相互通訳します。インターネット環境と端末さえあれば、すぐにご利用いただくことができ、電話通訳や文字の翻訳、定型文では伝わりにくい細かなニュアンスや表情を伝えることが可能です。これまでにも、タクシー会社・鉄道などの交通機関や、ホテル、商業施設、病院、銀行、官公庁など様々な業種において採用されています。また、会話の記録から、頻出するキーワードや会話例を分析することで、外国人客のニーズや特徴を把握することが可能になり、マーケティング情報として活用いただくことで、外国人の受入環境の整備、企業の売上アップにも貢献しています。


■サービス開発の背景
 2012年、日本全国にインバウンドの波が到達する前に、世界一の観光都市「京都」から、いち早く日本の国際化の波を感じ取った当社は、通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」の提供を開始しました。 当時ほとんど見られなかったテレビ電話を利用した通訳サービスの開発に先進的に取り組み、サービスの改善、コールセンター品質の向上に取り組んでまいりました。その結果、人と人とが顔を合わせる「温もり」と、ボタンタップから10秒以内に通訳オペレーターを呼び出し、24時間365日、いつでもどこでもニーズに合わせた通訳を提供するITシステムならではの利便性を兼ね備えたサービスを実現させています。


■販売代理店募集セミナーのご案内
 インバウンドビジネスを一過性のものにするのではなく、観光産業が国の基幹産業として位置づけられる「観光先進国・日本」を実現するために、我々インデンコンサルティングは、全国で通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」の販売代理店を募集しております。販売代理店募集の説明セミナーを現在、月3回程度、東京・大阪を中心に開催しております。インバウンド事業に興味・関心のある経営者様、事業責任者様は、ぜひこの機会にご検討ください。

販売代理店募集ページ:https://myco.jp/main/agency.html


■会社概要
株式会社インデンコンサルティング
代表者: 代表取締役社長 黒松 高弘
所在地: 京都府京都市中京区室町六角烏帽子屋町502 INDEN Building
設立 : 2009年7月設立(グループ創業2000年12月)
事業内容:インバウンド総合支援、システム開発販売、広告代理店
URL: http://www.inden.ne.jp (インデングループ)

株式会社シンバス
代表者: 代表取締役社長 榛葉 壮士
所在地: 東京都中央区日本橋浜町2-17-8浜町平和ビル7階
設立 : 2010年1月設立
事業内容: 自社メディア広告、Webサイトの企画・制作・運営
URL: http://www.shinbus.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る