プレスリリース

東京司法書士会主催「ブラックバイト110番」

(@Press) 2016年11月29日(火)11時00分配信 @Press

東京司法書士会(東京都新宿区本塩町9番地3、会長:清家 亮三)では、2016年12月3日(土)に「ブラックバイト110番」無料電話相談会を開催いたします。


【概要】
近時、わが国ではパート・アルバイトなどの非正規雇用に頼る会社や事業者が増えてきたことから、その雇用環境が大きく変化しつつあると言われています。学生が正社員同様の労働に従事させられることにより学業に支障をきたしたり、雇用者側がシフトを一方的に決められることにより授業や課外活動に参加できなかったりするなどの状況の増加が見受けられます。

このような、いわゆる“ブラックバイト”等においては、違法行為が伴っているとも考えられます。例えば、サービス残業を強いられる、休憩時間が与えられない、ノルマ未達成を理由に商品の買取りを強制される、上司等によるパワハラ・セクハラがあるなどです。

当会では、ますます増加する“ブラックバイト”に関する相談内容を集約し、その結果を法制度の整備を通じた問題解決の一助とするべく、フリーダイヤルによる無料電話相談会を計画いたしました。

ご相談いただける内容としては、以下のとおりです。

・有給休暇ってもらえるの?
・給料(バイト代)が未払いだ
・仕事上のケガの治療費を自己負担させられた
・労働条件が初めに聞いた話と違う・勝手に変わった
・勝手にシフトを決められ学業に影響が出ている
・ミスをした分を給料から引かれた
・売り上げのノルマなどを課せられている
・同じ仕事をしているのに社員と給料が違う
・タイムカードを押す時間を指示され、残業代がもらえない
その他

【無料電話相談会】
日時  : 2016年12月3日(土曜日) 10時00分〜16時00分
電話番号: 0120-535-771(フリーダイヤルです)


■法人概要
名称 : 東京司法書士会
代表者: 会長 清家 亮三
所在地: 〒160-0003 東京都新宿区本塩町9番地3 司法書士会館2階
設立 : 昭和42(1967)年5月26日
目的 : 司法書士法(昭和25年法律第197号)第52条第1項の規定により、
     東京法務局の管轄区域内に事務所を有する司法書士で設立。
     司法書士の使命及び職責にかんがみ、その品位を保持し、
     司法書士業務の改善進歩を図るため、会員の指導及び連絡に関する
     事務を行うことを目的とする。
URL  : http://www.tokyokai.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る