• トップ
  • リリース
  • ルイスマーケティング調べ 中国人消費者が日本で年間購買する金額2.2兆円超え 小売全体の4.4%以上

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ルイスマーケティング

ルイスマーケティング調べ 中国人消費者が日本で年間購買する金額2.2兆円超え 小売全体の4.4%以上

(@Press) 2016年11月29日(火)11時30分配信 @Press

株式会社ルイスマーケティング(所在地:東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3階)は2015年に中国人消費者が日本で購買した金額の総計予測を発表した。


【中国人消費者は3つのルートから日本商品を購買している】
中国人旅行者による「爆買い」が連日メディアを賑わしていたが、日本政府観光局(JNTO)によると2015年に中国人旅行者が消費した額は14,174億円、そのうち買い物に占める金額は8,089億円に上る。

一方で、もう1つよく取り上げられる話題が越境ECである。こちらも大きく成長しており、経済産業省によると2015年に中国人が日本から越境ECで購入した金額は7,956億円に上る。

さらに、この2つ以外にもう1つ、中国人が日本商品を購買する市場がある。それは、並行輸入(ソーシャルバイヤーによる販売)である。中国の並行輸入市場は中国人の海外渡航の増加とインターネットの普及により急速に伸びており、2014年は前年比100%以上伸びて日本円で3兆円に上っている。並行輸入市場は世界中の商品が対象になるが当社が越境ECサイト「天猫国際」の国別売上から類推した結果、2015年時点で日本商品の売上はおよそ6,000億円の市場規模に上る。

上記の3つの市場「中国人旅行者」「越境EC」「並行輸入」の市場を合わせると市場の合計は2兆2,045億円に上り、年間小売総額に占める比率は4.4%となる。(※1)
また、今後のこの3つの市場の伸びを合計すると2018年の市場規模は4兆5,623億円となり、年間小売総額に占める比率は9.12%まで伸びる見込みである。
この統計を裏付けるように、中国最大手のECサイト「タオバオ」では日本商品の取り扱いが増えている。以下は日本商品の売れ筋の月間販売数量と金額である。

日本商品タオバオ売上上位10アイテム(2016年3月時点)
https://www.atpress.ne.jp/releases/117007/img_117007_1.jpg


「タオバオ・天猫国際」で取り扱われている在庫は中国人消費者が購入した商品のごく一部であり、当社が10社以上のメーカー担当者と調査した結果、実態としては「タオバオ・天猫国際」での流通額の10〜20倍は中国人消費者が購入している状況である。


【中国人消費者が影響を受けるメディア】
このように中国人消費者が購買を強めている日本商品は、売れるきっかけとなっているのはインターネットメディアである。日本ではインターネットがテレビに次ぐ広告媒体となり話題となったが、中国では2014年にはインターネット広告がテレビ広告を上回っており、2017年にはインターネット広告が他の主要五媒体(テレビ、新聞、ラジオ、屋外、雑誌)の合計を超える見込みである。(※2)

「日本で買うべき神薬12」という記事が中国で話題となり、一部のメーカーの商品が飛ぶように売れたと日本のメディアで報道されたが、この「日本で買うべき神薬12」の出元はアクティブユーザー数7億人を超えるSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」内のメディアアカウントである。
微信内のメディアアカウントとは企業公式アカウントの一種で、メーカーや商業施設のアカウントは自社の宣伝を中心に行うのに対して、メディアアカウントは各アカウントのフォロワー属性に合わせた最新のニュースを配信することを主な目的としている。中国人消費者はインターネットメディアで情報収集をすることが主流になっているが、その中でも現在特に伸びているのがこの微信メディアである。

日本商品の購買プロセスに照らしあわせた場合、中国人消費者は訪日前の買い物リストを作成する際にこれらの微信メディアカウントの中で日本商品に特化をして配信しているアカウントを参考にし、買い物リストを作成する。
また、ソーシャルバイヤーがこれらのメディアを参考にして商品を仕入れているという側面もある。

これらの微信メディアの中で日本商品購買に対して強い影響力を持つ微信メディアアカウント【今日日本】【新鮮日本】【日本優品】の3アカウントに対して、ルイスマーケティングが日本における総代理権を獲得した。

https://www.atpress.ne.jp/releases/117007/img_117007_2.jpg


※1…経済産業省 「平成21年度版我が国の商業」内の化粧品、飲料、菓子、飲食料品、医薬品、電気機器、婦人服・紳士服・子ども服、身の回り品、家庭用品、その他の医療、家庭用電気機械器具、酒、たばこ、料理品、趣味・スポーツ用品等の小売総額より試算

※2…日本の広告額は株式会社電通の公表データ、中国の広告額はeMarketer.comの公表データを参照。


【上海潤世企業営銷管理股イ分有限公司(日本法人)株式会社ルイスマーケティング概要】
会社名  : 株式会社ルイスマーケティング
所在地  : 東京都千代田区大手町1-9-2
       大手町フィナンシャルシティグランキューブ3階
設立   : 2015年2月
代表取締役: 陶 頤
事業内容 : 主な業務
       中国人消費者に対するプロモーション業務
       日本国内商品の中国市場向け販売
       コンサルティング業務等
URL    : https://www.runshimarketing.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る