• トップ
  • リリース
  • 科学で解き明かす超常現象 ナショジオが挑む55の謎11月28日(月)発行

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日経ナショナル ジオグラフィック社

科学で解き明かす超常現象 ナショジオが挑む55の謎11月28日(月)発行

(@Press) 2016年11月25日(金)13時00分配信 @Press

日経ナショナル ジオグラフィック社(代表:中村尚哉、所在地:東京都港区白金)では、
米National Geographic誌の好評ムック「Special Issue」を「ナショナル ジオグラフィック別冊」としてシリーズ化。その日本版第一弾として『科学で解き明かす超常現象 ナショジオが挑む55の謎』を11月28日(月)に発行します。
 本書は、雪男や吸血鬼、ゾンビ、ドラゴンといった伝説上のモンスターから、UFO・宇宙人やミステリーサークル、バミューダトライアングル、超能力などの未確認の現象、ピラミッドやストーンヘンジ、モアイ、アトランティスなどの古代文明・遺跡に至るまで、現代でもなお謎に満ちている事象に対し、最新の科学を駆使して検証しています。現代科学でも解けない謎が、世界にはまだあるのでしょうか。その真実に迫る究極のエンターテインメント書籍です。

科学で解き明かす超常現象
ナショジオが挑む55の謎
2016年11月28日発行/定価 1,400円+税
サイズ:天地283mm×左右195mm/112ページ/ソフトカバー
日経ナショナル ジオグラフィック社

【目次】
■科学で挑む人類の謎
■謎の生き物、神話、モンスター
 ビッグフットとイエティ、ネス湖の怪物、水中のエイリアンほか
■UFO、民間伝承、幽霊の物語
 ミステリーサークル、ナスカの地上絵、臨死体験、火星の謎ほか
■古代の伝説と聖なる場所
 イースター島のモアイ、マヤ文明、古代ローマの失われた都市ほか

【ポイント】
■ビッグフット、ネス湖の怪物など、古くから語り継がれているモンスターたちの正体を
 最新の科学で解き明かす!
■UFO、幽霊、魔女など、これまで誰も説明できなかった様々な謎に科学者たちが挑む!
■古代エジプトの死の儀式、失われたマヤ帝国、隠された地下世界など、想像でしか語られていなかった古代文明の実相が、最新の研究・探査手法によって姿を現し始めた!




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る