• トップ
  • リリース
  • comic S+にて連載中の「イタコのボッチくん」(中川いさみ)配信スタート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

comic S+にて連載中の「イタコのボッチくん」(中川いさみ)配信スタート

(@Press) 2016年11月22日(火)15時45分配信 @Press

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが送るwebコミック誌「comic S+」にて好評連載中の「イタコのボッチくん」第1巻がkindleをはじめとした各電子書店より配信開始となっております。本作は「クマのプー太郎」「ネッコロ」でお馴染みの中川いさみ先生の描き下ろしオリジナル新作となります。突如現れた謎のキャラ、ボッチくんとは一体何者…!? 

<作品詳細>
〜読めば爆笑、極楽浄土ギャグ!!〜
「イタコのボッチくん」
著者:中川いさみ
価格 108円 [税込] / 1巻
配信書店:kindle store ( https://goo.gl/YFRqgu )
その他各電子書店で好評配信中です!

<作品紹介>
パパがこの世を去って3年……いろいろありつつも、中村さんちのママと息子のカズトは明るく元気に暮らしていた。そんなある日、パパのお墓参りをしていると、突如現れた謎のキャラ。 彼(彼女?)は一体何者なのか…!? ボッチくんが繰り広げる珍騒動の数々!! 予測不可能な魑魅魍魎も入り乱れ、話はますます混沌の彼方へ!! デビュー30年、「クマのプー太郎」「ネッコロ」の中川いさみが新たに放つ、極楽浄土ギャグ!!

<著者プロフィール>
中川いさみ
1985年、「うわさのトラブルマン」(秋田書店「I’mチャンピオン」掲載)でデビュー。以後、不条理でシュールなギャグを持ち味として、1991年には「クマのプー太郎」(小学館「ビッグコミックスピリッツ」連載)が大ヒット。TVアニメ化もされた。
代表作は「ネッコロ」「大人袋」等、多数。2003年には朝日新聞広告賞を受賞。イラストレーター、エッセイストとしても活躍中。

<掲載誌>
「comic S+」
ソニー・デジタルエンタテインメントが発信する、新・webコミック誌「comic S+(コミック エスタス)」。
キュンキュンしたりゾッとしたり、グッとくるデジタルコミックを続々公開予定。
スマホで、PCで、いつでもどこでもマンガを楽しもう♪
pixivコミックでは【隔週更新】でお届けします!
■pixivコミック:https://comic.pixiv.net/magazines/138
■HP:http://comic-splus.com/
■Twitter:@comic_splus
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る