• トップ
  • リリース
  • 生チョコ誕生30周年記念、『和三盆の生チョコレート』誕生

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

三州製菓株式会社 バレンタイン2017

生チョコ誕生30周年記念、『和三盆の生チョコレート』誕生

(@Press) 2016年11月24日(木)09時30分配信 @Press

三州製菓株式会社(本社:埼玉県春日部市、代表取締役社長:斉之平 伸一)は、生チョコレートの生みの親 小林 正和シェフの商品開発・監修のもと、Hanashirabe 2017年商品『和三盆の生チョコレート』を開発しました。舌に直接触れる和三盆の食感は優しく、まるで和菓子の落雁のような味わいで、生チョコ30周年の2017年にふさわしい新しい生チョコレートが2017年2月1日(水)に誕生します。

※Hanashirabe サイトにてご予約受付中。
http://www.sanshumall.com/lp_vd2017


■商品概要
Hanashirabe 2017年商品『和三盆の生チョコレート』
発売日   : 2017年2月1日(水)
価格    : 20個入り 1,500円 (税別)
       10個入り  850円 (税別)
予約販売URL: http://www.sanshumall.com/lp_vd2017


■生チョコレート開発背景
今までにないチョコレートを創る。
チョコレート途上国といわれた当時の日本で生まれた、世界初のチョコレート。

ガナッシュクリームのようにとろける、本来の美味しさを100%引き出したチョコレート。それは1988年当時、チョコレート途上国である日本に限らず、世界中のどこにも存在しませんでした。先生も教科書もないままに、自分のイメージをただひたすら追いかけやっとたどり着いた奇跡のレシピ。それが生チョコです。生クリームを使うことと同時に、新鮮さをアピールするその名を掲げ、世界に生チョコが誕生しました。時代とともに変化する味覚に合わせ、とどまることなく改良を続ける小林シェフ。その確かなセンスと技術が、いつまでも変わらないおいしさを守り続けています。

自分の中に浮かんだ正体不明のイメージを形にするため試行錯誤を繰り返し、1988年のある夜にやっとたどり着いた生チョコのレシピ。その瞬間、素晴らしい商品であることを確信し、小林シェフは全身から冷や汗が出たそうです。「石畳」の名をつけられたその商品は、全国の石畳チョコの元祖となり、現在でも広く親しまれています。


■生チョコレートの生みの親 小林 正和シェフ
小林 正和 〜ショコラティエ〜
コバヤシ マサカズ。1949年11月3日長野県生まれ。
1972年東京製菓学校卒業。神戸洋菓子店でシェフを務めた後、平塚に洋菓子店創業。日本でも有数のチョコレートブランドとして認知される。その後、現在の「湘南ル・ショコラBunzoo」をオープン。


■会社概要
商号 : 三州製菓株式会社
代表者: 代表取締役社長 斉之平 伸一
所在地: 〒344-0013 埼玉県春日部市銚子口979番地
URL  : http://sanshu.com/


■店舗・取扱商品に関するお客様からのお問い合わせ先
三州製菓株式会社
Tel:048-735-1151
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る