• トップ
  • リリース
  • 「あつみ温泉 萬国屋」が楽天トラベル主催の「朝ごはんフェスティバル(R)2016」のファイナルステージに進出決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

「あつみ温泉 萬国屋」が楽天トラベル主催の「朝ごはんフェスティバル(R)2016」のファイナルステージに進出決定

(@Press) 2016年11月22日(火)10時00分配信 @Press

300年を超える老舗旅館「あつみ温泉 萬国屋」(運営:株式会社萬国屋、所在地:山形県鶴岡市、代表取締役:前田 新一)は旅行予約サービス「楽天トラベル」が主催の全国の宿泊施設が提供する朝ごはんの日本一を決定する「朝ごはんフェスティバル(R)2016」の第2ステージを勝ち抜き、ファイナルステージへの進出を決定しました。

楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/
朝ごはんフェスティバル(R)2016
http://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta


【あつみ温泉 萬国屋について】
当館「あつみ温泉 萬国屋」は、風光明媚な山形県庄内地域のあつみ温泉に立地し、創業300年を超え127室を有する大型老舗旅館です。
東北地域でも評価の高い露天風呂と、海・山・川全ての旬の素材を楽しむ「楽山楽水」のお料理がご好評いただいております。
また、創業以来続く「おもてなしの心」を守り続け、第41回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」では総合部門全国第11位、37年連続の入賞をいただいております。

URL: http://www.bankokuya.jp/


第2ステージは、2016年10月18日(火)・19日(水)の2日間にわたり、東京・二子玉川ライズにて開催されました。出品されたのは、エントリーされた約1,500の朝ごはんのうち、第1ステージ(一般ユーザーによるウェブ投票と、楽天トラベルに寄せられた過去の宿泊者の「食事」に関する口コミ評価により審査)を通過した、日本全国47施設の朝ごはん47品です。一般来場者に加え、料理研究家・浜内 千波氏、人気朝ごはんインスタグラマー・山崎 佳(@keiyamazaki)氏ら特別審査員の試食・投票によって、ファイナルステージに進出する6品を決定しました。

ファイナルステージは2016年11月30日(水)、都内で開催予定です。以下5人の審査員が、6品のうち日本一の朝ごはんを試食と投票により決定します。
井上 孝之(CREA WEB編集長)
神田川 俊郎(神田川本店 店主)
坂井 宏行(ラ・ロシェル オーナーシェフ)
武田 和徳(楽天株式会社 常務執行役員)
田中 耕太郎(ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 総料理長)
※50音順

「あつみ温泉 萬国屋」がエントリーした「山形牛の旨味がたっぷり染み出た具だくさんの芋煮汁」は、「山形・庄内の食材と料理文化の良さを伝えたい」という思いから造り上げ、長年にわたり提供してきた一品です。当館は、山形バイキングをテーマに、20品以上もの山形の郷土料理・名産を取りそろえ、料理長の手によりひと手間加え、普通の家庭料理ではないものを心がけてお出ししている朝ごはんです。
当大会へは2年連続の出場となり、昨年度の2015年は第2ステージである東北大会で2位となり、1位のみが出場できるファイナルステージ進出はなりませんでした。本年は、初のファイナルステージ進出となります。


【『朝ごはんフェスティバル(R)』とは】
「朝ごはんフェスティバル(R)2016」は、ユーザー投票と実食審査(第二ステージとファイナルステージ)で「日本一の朝ごはん」を決めるイベントです。
まずは「ユーザー投票」にて、エリア・メニューごとに分類された朝ごはんの中から、「美味しそう!」「食べてみたい!」と思う朝ごはんに【いいね!】を押して投票します。
「ユーザー投票」で多くの【いいね!】を獲得した各県1位47のホテル・宿が「セカンドステージ」に進出。「セカンドステージ」では一般来場者の実食・投票により6施設に絞り込まれ、日本一を決める「ファイナルステージ」に進みます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る