• トップ
  • リリース
  • 平和教育登戸研究所資料館 第7回企画展「『登戸』再発見―建物と地域から追う登戸研究所―」

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

平和教育登戸研究所資料館 第7回企画展「『登戸』再発見―建物と地域から追う登戸研究所―」

(@Press) 2016年11月18日(金)14時00分配信 @Press

 明治大学平和教育登戸研究所資料館は、企画展「『登戸』再発見 ―建物と地域から追う登戸研究所―」を11月16日(水)〜来年3月25日(土)まで開催します。入館無料。
 そもそも、登戸研究所は生田に位置しているのになぜ「登戸」研究所なのか。現在の生田キャンパス敷地内のどこにどのような登戸研究所施設があったのか。生田キャンパス周辺には、どのような登戸研究所関連施設があったのか。現在でも確認できる研究所の「痕跡」を明らかにし、登戸研究所の諸施設の変遷と地域社会との関わりについて見つめ直します。私たちが普段生活している足元の歴史と、戦争の「痕跡」を感じていただける企画展です。
■会 期:2016年11月16日(水)〜2017年3月25日(土)
 ※休館日:日曜〜火曜、2016年12月25日〜2017年1月10日、1月14日、3月18日
 ※11月20日(日)は明治大学生田キャンパス学園祭(生明祭)のため臨時開館。
■会 場:明治大学平和教育登戸研究所資料館
     (神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス内)
■開館時間:水〜土の10:00〜16:00
■主な展示資料:
・登戸研究所研究棟の写真20点および映像2点
 ※すでに取り壊され,現存しない建物の貴重な写真・映像です。写真は初公開のものも含みます。
・旧登戸研究所の図面や敷地の配管図4点 ※研究棟の構造がわかります。初公開。
・日本電気株式会社 生田研究所関連資料1点 初公開。
・第三科北方班(偽造法幣の製紙担当部署)で実際に使用されていたビーター用キャンバス1点 初公開。
・解説パネル 約20点
■関連イベント:スタンプラリー、館長による講演会や展示解説、元登戸研究所関係者による証言会などを開催。詳細は、当大学ホームページをご確認ください。
企画展webサイト http://www.meiji.ac.jp/noborito/info/2016/6t5h7p00000m88mm.html


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る