• トップ
  • リリース
  • 全国の学生と気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年「チャリティー年賀状」、本日2016年11月21日より販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社博報堂アイ・スタジオ

全国の学生と気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年「チャリティー年賀状」、本日2016年11月21日より販売開始

(@Press) 2016年11月21日(月)13時30分配信 @Press

 株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、全国の学生と気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年のお正月向け「チャリティー年賀状」183点を、株式会社CONNECTIT(本社:東京都千代田区、代表取締役:飯野 法志、以下 CONNECTIT)が運営する「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」に提供し、本日2016年11月21日より2017年1月15日まで販売されます。
 この「チャリティー年賀状」は、博報堂アイ・スタジオが開催している「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」へ応募された746作品の中から、厳正な審査を通過した入選作品118点と、気仙沼市立唐桑中学校の3年生が「チャリティー年賀状 デザイン教室」で制作した65点です。


 2016年度版として開催している「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」への応募校数は44校で2015年度比163%増、応募作品数は746作品で2015年度比171%増となりました。作品の数が増えただけでなく、たいへん優秀な作品が数多く応募されました。

 また、気仙沼市立唐桑中学校で実施した「チャリティー年賀状 デザイン教室」で、同校の3年生により制作された作品も、「東北の未来への希望」のテーマに相応しい65作品が完成いたしました。

 これらの作品を、「チャリティー年賀状」として本日2016年11月21日より、「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」で販売し、1枚ご購入いただくごとに10円を、ネットショッピングで被災校支援をしている一般社団法人ウェブベルマーク協会(東京都港区、理事長:小島 敏郎、以下 ウェブベルマーク協会)へ寄附し、被災地にある小中学校に必要な備品、設備、教材などの購入に充てていただきます。

 この取組みを開始してから過去5年間の支援金総額は、4,459,620円となっています。2016年度の取組みも、多くの方に知っていただき多くの支援金を寄附できるよう進めてまいります。

<入選作品の一部>
https://www.atpress.ne.jp/releases/116661/img_116661_1.jpg

<気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った作品の一部>
https://www.atpress.ne.jp/releases/116661/img_116661_2.jpg

◆チャリティー年賀状Webページ
https://charity-nengajo.com


■「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」へ応募があった学校全44校(順不同)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116661/att_116661_2.pdf


■「チャリティー年賀状」学生デザインコンテストについて
 博報堂アイ・スタジオが、2011年度より実施している全国の学校、学生を対象とした年賀はがきのテンプレートデザインを募集するコンテストです。応募された作品より優秀作品を商品化し、CONNECTITが運営している「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」で販売、1枚ご購入いただくごとに10円をウェブベルマーク協会へ寄附し、被災地の小中学校に必要な備品、設備、教材などの購入に充てていただきます。

主催:株式会社博報堂アイ・スタジオ
後援:日本郵便株式会社
   公益財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS)
協力:一般社団法人ウェブベルマーク協会
   公益財団法人ベルマーク教育助成財団
   株式会社CONNECTIT
   株式会社ワロップ放送局

◆チャリティー年賀状Webページ
https://charity-nengajo.com


■「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」について
 CONNECTITが運営する、年賀状購入サービスです。デザインの作成からお年玉付き年賀はがきへの印刷に加え、そのままポストへ投函し宛先へ配達するまでのすべてをインターネット上で完結させることが可能です。住所を知っている相手はもちろん、Twitterアカウント(※要相互フォロー)やメールアドレスが分かっていれば、住所を知らない相手にも、お互いの住所を開示することなくお年玉付き年賀状を手軽に送ることができるサービスです。


■株式会社CONNECTITについて
 CONNECTITは、郵便物などのリアルコミュニケーションとデジタルコミュニケーションを連動したサービス提供を専門とした、デジタルコンテンツ及びサービス企画・制作・運営会社です。

━━ 会社概要 ━━
【名称】   株式会社CONNECTIT(コネクティット)
【所在地】  〒100-0006
       東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビルヂング
【URL】    http://connectit.co.jp
【代表者】  代表取締役 飯野 法志
【設立年月】 2014年7月
【資本金】  1,000万円
【活動内容】 「ネットで年賀状」の運営業務


■一般社団法人ウェブベルマーク協会について
 ウェブベルマーク協会は、東北の被災校支援に特化したベルマーク運動「ウェブベルマーク」を運営しています。協賛会社のウェブサイトから商品の購入またはサービスを申し込むだけで、ご利用内容に応じて支援金が生まれ、公益財団法人ベルマーク教育助成財団を通じて被災校に届けられます。協賛会社が負担するアフィリエイト(成果報酬型広告費)を支援金にする仕組みなので、利用者の負担はありません。

━━ 協会概要 ━━
【名称】   一般社団法人ウェブベルマーク協会
【事務局】  〒107-6322 東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー
【URL】    https://www.webbellmark.jp/
【代表者】  理事長 小島 敏郎
【設立年月】 2013年8月
【活動内容】 ウェブベルマークサイト運営業務


■公益財団法人ベルマーク教育助成財団
 文具や食品、家庭用品から保険までに幅広く付いているベルマークを通して、全国の学校に教育設備を贈る仕事をしています。年間6億円、創立以来の累積では290億円の援助をしています。

━━ 財団概要 ━━
【名称】   公益財団法人ベルマーク教育助成財団
【所在地】  東京都中央区築地5丁目4番18号 汐留イーストサイドビル7階
【URL】    http://www.bellmark.or.jp/
【代表者】  理事長 銭谷 眞美
【設立】   1960年
【事業内容】 ベルマークを集める学校への助成と、
       へき地校や災害被災地校への支援


■株式会社博報堂アイ・スタジオについて
 博報堂アイ・スタジオは、クライアント企業のWebサイト、プロモーションサイト、キャンペーンサイトの企画制作とそのコンサルティング、それに伴うシステム開発、公開後のPDCAマネジメントから多言語対応まで、一貫したトータルサポートを高クオリティでご提供しています。さらに、中国やASEAN諸国のクライアント企業へのサポートも同様に行っています。
 また、近年普及がめざましいスマートデバイス向けのサービス開発やアプリ制作をはじめ、SNS、O2O、クラウドサービスといった領域でのソリューション提供にも積極的に取り組んでいます。

━━ 会社概要 ━━
【社名】     株式会社博報堂アイ・スタジオ
【所在地】    〒100-0006
         東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビルヂング5階
【URL】      http://www.i-studio.co.jp/
【広報Facebook】 https://www.facebook.com/hakuhodoistudio.pr
【代表者】    代表取締役社長 平林 誠一
【設立年月】   2000年6月
【資本金】    2億6,000万円
【事業内容】   インタラクティブ・クリエイティブ業務、
         システム開発業務、CRM業務
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る