• トップ
  • リリース
  • 仕事のやりがい・成果の影には”感謝の言葉”の有無が影響 ビジネスパーソン1000人調査【仕事と感謝編】で明らかに

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

一般社団法人日本能率協会

仕事のやりがい・成果の影には”感謝の言葉”の有無が影響 ビジネスパーソン1000人調査【仕事と感謝編】で明らかに

(@Press) 2016年11月18日(金)14時00分配信 @Press

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1,000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
今回は「勤労感謝の日(11月23日)」を前に、「仕事と感謝」についてご紹介します。


■調査概要
調査名称:第7回ビジネスパーソン1000人調査 【仕事と感謝編】
調査期間:2016年7月26日(火)〜2016年8月1日(月) 7日間
調査対象:株式会社日本能率協会総合研究所
     「JMARリサーチモニター」のうち全国の20歳〜69歳までの
     正規・非正規雇用の就業者(企業や団体で働く正社員、役員、
     経営者、契約・嘱託社員、派遣社員。
     ただしパート・アルバイト、医師・弁護士などの
     専門職業、自由業を除く)
調査方法:インターネット調査
回答数 :1,000人
属性  :(性別)男性556人、女性444人
     (年代)20代159人、30代245人、40代249人、50代202人、60代145人
     (雇用形態)正規640人、非正規360人

※回答は%表記とし、小数点第2位を四捨五入


■調査結果
1.仕事上で感謝している人/感謝してくれる人は、ともに1位「同じ部署(チーム)の同僚・先輩・後輩」、2位「家族」、3位「上司」。一方、「誰からも感謝されていない」と感じている人は全体の4割で、40代では半数近くを占める。

図表1 仕事上で感謝している人/感謝してくれる人(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_1.jpg


・仕事上で感謝している人を聞いたところ、1位「同じ部署(チーム)の同僚・先輩・後輩」(39.8%)、2位「家族」(32.6%)、3位「上司」(31.2%)となりました。
・仕事上で感謝してくれる人を聞いたところ、1位「同じ部署(チーム)の同僚・先輩・後輩」(27.6%)、2位「家族」(19.9%)、3位「上司」(19.2%)となりました。
・一方、「感謝する人はいない」と回答した人は24.8%、「誰からも感謝されていない」と回答した人は、40.3%にのぼりました。年代別でみると、40代では46.6%と半数近くにのぼっています。


2.仕事上で感謝の気持ちを伝えるようにしている人は7割弱、女性では7割超に。

図表2 仕事で感謝の気持ちを伝えるようにしているか(単一回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_2.jpg

・仕事上で感謝の気持ちを伝えるようにしているか聞いたところ、「している」(25.6%)、「どちらかというとしている」(41.0%)と、意識している人は7割弱にのぼりました。
・性別でみると、男性は「意識している」(「している」「どちらかというとしている」の計)が62.9%、女性では71.2%となり、女性の方が意識的に感謝の気持ちを伝えるようにしていることがうかがえます。


3.感謝の気持ちを伝えるシーンは、「自分の仕事を手伝ってもらったとき」や「ミスをフォローしてもらったとき」に、「直接会って話す」。

図表3 感謝の気持ちを伝えるタイミング(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_3.jpg

・感謝の気持ちを伝えるタイミングは、1位「自分の仕事を手伝ってもらったとき」(男性38.9%、女性49.4%)、2位「ミスをフォローしてもらったとき」(男性33.7%、女性45.3%)でした。3位は男女で異なっており、男性は「仕事の目標を達成できたとき」(23.8%)、女性は「仕事の相談にのってもらったとき」(31.2%)となりました。

図表4 感謝の気持ちの伝え方(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_4.jpg

・感謝の気持ちの伝え方では、「直接会って話す」が83.7%となり、「E-mail」(14.5%)、「電話」(14.1%)を押さえ圧倒的でした。


4.仕事のやりがいを感じている人の8割超、職場がビジネスで十分な成果を上げていると思う人の7割超が、感謝の気持ちを伝えることに積極的。仕事のやりがい・成果の背景に「感謝の言葉」。

図表5 感謝の気持ちを伝えるようにしているか(単一回答)(仕事のやりがい/職場の成果実感別)
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_5.jpg

・仕事のやりがいを感じている人(483人)と感じていない人(517人)を比較したところ、やりがいを感じている人の81.4%が感謝の気持ちを伝えるようにしていると回答。感じていない人では52.8%にとどまっており、28.6ポイントの差がありました。
・また、自身の職場がビジネスで成果を上げていると思う人(620人)と上げていると思わない人(380人)を比較したところ、上げていると思う人の74.7%が感謝の気持ちを伝えるようにしているのに対し、上げていると思わない人では53.4%となり、21.3ポイントの差がありました。


5.仕事上言われて最も嬉しい言葉、男女とも「ありがとう」がダブルスコアで1位。次点は男性「おつかれさま」、女性「よくやった」「あなたにしかできない」

図表6 仕事上言われて最も嬉しい言葉(単一回答)TOP5
https://www.atpress.ne.jp/releases/116514/img_116514_6.jpg

・仕事上言われて嬉しい言葉を聞いたところ、1位は「ありがとう」(男性34.0%、女性43.2%)、次いで男性「おつかれさま」(16.4%)、女性「よくやった」(15.1%)でした。


■まとめ
今回の調査では、ビジネスパーソンがどのような時に誰に感謝しているのか、感謝の言葉は職場にどのような効果をもたらし得るのか探りました。
結果から、感謝の対象は同僚・先輩・後輩や上司、家族といった日常接する人たちが大半でしたが、感謝する人がいない、誰からも感謝されていないと回答した人も、それぞれ約25%、約40%にのぼっています。
一方、仕事のやりがい・職場での仕事の成果との関係をみると、やりがいや成果を感じている人は、感謝の気持ちを伝えることに積極的であることがわかりました。
誰でも、自分の仕事を手伝ってもらったり、ミスをフォローしてもらったりすることはあるはずです。そんなとき、まずは自ら率先して「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで、同僚・上司といった職場での身近な人間関係を良好に保ち、互いのモチベーションアップ、ひいては職場全体の成果向上につながっていくことが期待されます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る