• トップ
  • リリース
  • 展示会などの動線シーンで活躍!通信距離の延長を実現した2つのICチップを1つにした新タグを12月12に販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社イーガルド

展示会などの動線シーンで活躍!通信距離の延長を実現した2つのICチップを1つにした新タグを12月12に販売開始

(@Press) 2016年12月06日(火)11時30分配信 @Press

株式会社イーガルド(本社:東京都中央区日本橋富沢町13-8 大場ビル、代表取締役:今村 希望、以下 当社)は、入退場・入退出ゲートでの読み取り、展示会・販促場所等での動線管理のシーンで活用できる「RFID Dual Tag(デュアルタグ)」を、2016年12月12日(月)から販売いたします。

「RFID Dual Tag(デュアルタグ)」
http://www.e-garde.co.jp/rfid/ic-tag/uhf_hf/index.html


【「RFID Dual Tag(デュアルタグ)」開発の背景】
ゲートシステムなどの中距離通信だけでなく、NFCなどの近距離通信も1つのタグで実現することができれば、RFIDの活用方法は大きく広がると考え「Dual Tag」を開発いたしました。
本製品は、2つのタグが1つの基材に同居しているため、特殊な読み取りを行う企業側と、スマートフォンでNFCを読み取る一般ユーザが、タグを介して同一システムにシンクロすることができます。通信インフラやコードの標準化が進んだ今の時代にこそ求められる新しい仕様です。


【「RFID Dual Tag(デュアルタグ)」の特長】
1. 本製品はUHFとHF(NFC)を1つのタグに埋め込んだものです。
通常は2つのアンテナを近くに配置すると、お互いが干渉しあい通信距離の減衰が起こるのですが、本製品は2つのアンテナを電気的に結合させることにより、その通信距離を伸ばしております。
このアンテナの設計は、当社が特許取得しており、その通信能力は他の複合アンテナタグと比べて高いといえます。

2. 汎用性への配慮
スマートフォン・タブレットなど、Android端末の標準機能として搭載されているNFC端末に対応しているため、一般のユーザでも読み取ることが可能です。


【「RFID DualTag(デュアルタグ)」の概要】
名称    : RFID Dual Tag
販売開始日 : 2016年12月12日(月)
販売料金  : 200円(税込) ※数量により変動します。
サイズ   : ISOカード / 38mm×76mm
ICチップ  : Higgs3+Mifare1K or Mifare UL or NTAG
基材    : PET、PVC
アンテナ  : アルミエッチング
通信距離  : UHF=3m〜6m HF=5mm〜30mm(リーダや周辺環境によります)
納品可能形態: ISOカード / 小型カード / Dry Inlay
URL     : http://www.e-garde.co.jp/rfid/ic-tag/uhf_hf/index.html


【会社概要】
商号  : 株式会社イーガルド
代表者 : 代表取締役 今村 希望
所在地 : 〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町13番地8 大場ビル
設立  : 2007年11月
事業内容: RFID(ICカード及びタグ)製品の開発・製造・販売、
      カード加工(印刷・エンコード・印字など)、
      RFIDシステム導入コンサルティング、
      セキュリティシステムの開発・販売・施工、
      事務機器のレンタル・販売
資本金 : 1,000万円
URL   : http://www.e-garde.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る