• トップ
  • リリース
  • 4Kライブ制作ワークフローのフルIP化に向けて ネットワーク・メディア・インターフェース対応の映像制作機器を3機種拡充

プレスリリース

ソニービジネスソリューション株式会社

4Kライブ制作ワークフローのフルIP化に向けて ネットワーク・メディア・インターフェース対応の映像制作機器を3機種拡充

(@Press) 2016年11月14日(月)17時30分配信 @Press

ソニーは、4Kなど付加価値の高い映像コンテンツのライブ制作ワークフローを、IP化により効率的に構築するソリューションとして「IP Liveプロダクションシステム」を普及推進しています。
この度、当システムのコア技術であるAV伝送インターフェース「ネットワーク・メディア・インターフェース」に対応した映像制作機器を新たに3機種発売します。

Inter BEE 2016の会場では、技術賛同パートナーである株式会社朋栄、日本電気株式会社、株式会社東芝、株式会社インターネットイニシアティブ、シスコシステムズ合同会社、リーダー電子株式会社と共同で、各社ブースに展示した対応機器をIPネットワークで接続し、4K映像ライブ配信のデモンストレーションを行います。



▼プレスリリースはこちら
 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201611/16-111/index.html


【本件に関するお問い合わせ】
 ソニービジネスソリューション株式会社
 業務用商品相談窓口
 フリーダイヤル 0120-788-333
 携帯電話・PHS・一部のIP電話からは 050-3754-9550
FAX 0120-884-707
 受付時間 9:00〜18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)


【プロフェッショナル/業務用製品情報】
 http://sony.jp/pro/

【ソニービジネスソリューション】
 http://www.sonybsc.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る