プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日経ナショナル ジオグラフィック社

ビジュアル書籍『マーズ 火星移住計画』発売中!

(@Press) 2016年11月15日(火)16時30分配信 @Press

日経ナショナル ジオグラフィック社(代表:中村尚哉、所在地:東京都港区白金)では、
『マーズ 火星移住計画』を11月15日(火)に発行します。
 米航空宇宙局(NASA)をはじめ、世界各国の宇宙開発機関、民間企業が火星有人探査に向けた具体的な計画を進めており、米スペースX社のイーロン・マスクCEOは、2024年にも火星への有人ミッションを開始すると発表しています。本書は「火星に住む」というSF世界の夢物語が、現実に近づいている今、人類は火星に行けるのか?住むことはできるのか?など数々の疑問に答えるべく多数の関係者や専門家に取材。火星移住計画の詳細、課題、将来に向けたビジョンなどの全容を解説したビジュアル書籍です。さらに探査機が撮影した火星の美しい風景、開発が進む新型ロケット、検討されている火星基地の想像図などを約200点収録。近い未来に実現される“人類の偉大な飛躍”に、ワクワクさせられる一冊です。

マーズ 火星移住計画
2016年11月15日発行/定価 3,200円+税
サイズ:天地230mm×左右276mm/288ページ/ソフトカバー
レオナード・デイヴィッド著/関谷冬華 訳
日経ナショナル ジオグラフィック社

【目次】
第1章 人類の偉大な飛躍
第2章 心の問題
第3章 火星基地
第4章 生命のしるし
第5章 世界が見つめる未来
第6章 マーズランド

これはフィクションではない。本物の科学だ。ロン・ハワード(映画監督)

■現実はSF以上にスリリング!現在進行中の火星探査・移住プロジェクトを深く、
鋭く掘り下げる!
■赤い惑星の姿、開発中のロケットや居住施設など迫力満点のビジュアルを約200点収録!
■「火星移住」。そんな近未来への道程を、科学面、技術面、精神面から考察!
■NASAやESAといった世界の宇宙開発機構をはじめ、スペースX社などの取り組みを徹底取材!
■映画「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード監督の序文を掲載!



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る