• トップ
  • リリース
  • 腸温活プロジェクト×早稲田大学 共同企画 『五重マル50円朝食』でめざせ朝食ルーティン化!はらぺこ大学生の朝食を企業が支援

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

腸温活プロジェクト

腸温活プロジェクト×早稲田大学 共同企画 『五重マル50円朝食』でめざせ朝食ルーティン化!はらぺこ大学生の朝食を企業が支援

(@Press) 2016年11月14日(月)14時30分配信 @Press

「腸温活プロジェクト」(※)と早稲田大学(本部所在地:東京都新宿区戸塚町一丁目104番地、早稲田大学総長 鎌田 薫)は、全国の大学で広がる「100円朝食」の半額の「50円」で提供する『五重マル50円朝食』を早稲田キャンパスの「大隈ガーデンハウス」および西早稲田キャンパスの「理工カフェテリア」にて11月14日(月)より開催いたします。開催期間は11月18日(金)までの5日間となります。


■『五重マル50円朝食』とは?
・一重マル:体温が低い朝に、具だくさんのスープが体を温めてくれる上、
      保温効果も高い
・二重マル:豆・雑穀・野菜を使った食物繊維たっぷりの食材は、
      腸の働きを改善してくれる
・三重マル:たんぱく質、ビタミン、ミネラル、炭水化物など
      栄養バランスのよい組み合わせ
・四重マル:朝食をしっかり摂ると体が目覚め、午前中の授業の能率があがる
・五重マル:お財布にやさしいお値段、50円


≪メニュー内容≫
・フジッコ「朝のたべるスープ」 ※5種類を日替わりで提供
・敷島製パンPasco「ゆめちからブランロール」
・青森県りんご対策協議会「青森県産りんご」
・相模屋食料「ナチュラルとうふ」 ※3種類を日替わりで提供


朝食を欠食する若い世代の割合が約4人に1人の24.7%と言われ、大きく注目されている学生の食生活改善に対し、今回「腸温活プロジェクト」は、協賛企業4社(フジッコ株式会社・敷島製パン株式会社・一般社団法人青森県りんご対策協議会・相模屋食料株式会社)から商品を提供いただき、「50円朝食」が実現しました。この取り組みを通して、学生の朝食欠食問題の改善に努めるほか、食物繊維や温活を意識したメニューで、冬本番を迎え冷えやすくなる体をしっかりと温めることで、学生の活躍に貢献して参ります。

当日は、バランスのとれた朝食メニューを各キャンパス150食限定で提供。早朝から50円朝食を求める学生が行列を作る程の盛況でした。実際に朝食を食べた学生は「普段朝食を抜くことが多いが、食べてみると目も覚めるし体も温まった。これからは朝食を食べるようにしたい」と感想を語りました。

今回の取り組みについて早稲田大学 学生部の和田 憲征(わだ けんせい)氏は、「これまでも100円朝食を実施してきたが、今回の50円朝食は学生から特に大きな反響がある。きちんと朝食を食べることで、学生の生活リズムが整えられ、健康状態も良くなる。しかし、現実的に忙しい朝には朝食を抜く学生も少なくない。今回提供いただいたように、簡単でリーズナブルに朝食として食べられる商品も出ているので、このようなものも活用しながら、食生活を改善していって欲しい」とコメント。

「腸温活プロジェクト」の協賛企業であるフジッコ株式会社ブランドマネージャー部の只野 由晃(ただの よしあき)氏は、「これからの時期は冷えによる体の不調を感じやすい。体温が下がっている朝にこそ、腸をしっかりと動かして体を温める腸温活を実践することが、冷えによる不調改善にとって大切。今回の取り組みをきっかけに、朝に体を温める食事を摂る習慣をつくっていただき、授業にも一層集中できるようになれば嬉しい。今後も腸温活を通じ、朝食欠食率の低下や、不調の改善に貢献していきたい」と話しました。


■「腸温活プロジェクト」とは?(※)
「腸温活プロジェクト」とは、体全体を温めてコンディションを整え、美容や健康を手軽に手に入れるための活動を推進する医学や栄養学の有識者と協賛企業によるプロジェクトです。体を温めるためには、朝ごはんをしっかり食べること、特に豆、雑穀、野菜の食物繊維3兄弟をバランスよく摂り腸を元気に動かすことが重要です。日本人の食と健康をめぐる課題に対して、毎日の生活に「腸温活」を取り入れることで、乱れた食事のバランス、生活のバランスを整える情報の発信に取り組んでまいります。(URL: http://cho-onkatsu.jp/ )


■腸温活プロジェクト 概要
名称  :腸温活プロジェクト
発足日 :2016年9月15日(木)
活動目的:「腸温活」を取り入れるライフスタイルの推進

<プロジェクトメンバー:(五十音順)>
・青江 誠一郎(大妻女子大学 家政学部 学部長)
・川嶋 朗(東京有明医療大学 教授)
・本多 京子(医学博士・管理栄養士)
・松生 恒夫(松生クリニック院長・医学博士)
・森田 達也(静岡大学 学術院農学領域 教授)

<協賛企業:(五十音順)>
・一般社団法人青森県りんご対策協議会
・オムロン ヘルスケア株式会社
・相模屋食料株式会社
・敷島製パン株式会社(Pasco)
・フジッコ株式会社

<活動内容>
(1)朝食の重要性と腸の働きを活性化し体を温める「腸温活」を啓発する基礎知識、研究結果、最新ニュースなどの収集と発信
(2)WEBサイト「腸温活プロジェクト」の運営管理

URL: http://cho-onkatsu.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る