プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社グレイス

環境人材のグレイス、熊本大学のましきラボを支援

(@Press) 2016年12月13日(火)10時30分配信 @Press

環境分野に特化した人材派遣・人材紹介・新卒採用支援および求人広告掲載事業を行う株式会社グレイス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:安井 悦子、以下「グレイス」)は、熊本地震の復興に向けて熊本大学が行っている復興支援プロジェクトの活動に寄付を行ったことで、このたび熊本大学より感謝状とともに、貢献会員の称号を贈呈されました。


グレイスは、熊本地震が発生したことを受け、いち早く熊本への支援事業「平成28年熊本地震 被災地支援プロジェクト」を開始するとともに、熊本大学の熊本復興支援プロジェクトの一つであるましきラボの活動に共感し、「ましきラボ」の設置とその運営の支援を行っています。
「ましきラボ」は熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城(ましき)町で、被災した住民が落ち着いて将来の姿をデザインするための施設です。
2016年10月19日、益城町寺迫の秋津川河川公園に「ましきラボ」が開所されました。復興の現場で大学の教員や学生が住民と対話しながら、地域の将来像を描いていくことを支援する計画です。町は「ましきラボ」で集めた意見を、2016年12月に策定予定の町復興計画に反映させたいと考えています。


■グレイスの『熊本支援プロジェクト』について
グレイスは、「ましきラボ」への資金援助のほか、継続的な支援活動も行っています。グレイスが運営する環境特化型求人サイト「エコリク( https://ecoriku.jp )」では、グレイスが新規登録者1名につき1,000円を寄付するキャンペーンを展開中です。
熊本への支援を継続的に行うことで、熊本地震を風化させない、地域の人を助けたいという企業メッセージを伝え続けるとともに、被災地の一日も早い復興を心より願っています。
エコリク 熊本地震特設ページ( https://ecoriku.jp/info/info_00002.html )

グレイスはこれからも環境ビジネスと人材を繋ぐ企業として、様々な支援活動を続けてまいります。


■会社概要
環境分野の職種を扱うだけでなく人々の働き方にも注目し、2001年より「グリーン雇用」という考え方を提唱してまいりました。
「グリーン雇用」とは、活き活き働くスタイル。働く一人ひとりが環境意識を持って、働く目的や役割をしっかり見据えて自分を磨き、活き活きと働くことで、職場やひいては社会をも変えることもできるという考えかたです。派遣スタッフ、登録者にこの働き方を啓蒙するほか、グリーン雇用セミナー・グリーン雇用ハンドブックなどを通じて広く社会に提唱してまいりました。

会社名: 株式会社グレイス
所在地: 〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目4番 セタニビル5階
代表 : 代表取締役 安井 悦子
設立 : 1995年12月5日
資本金: 30,000,000円
URL  : http://www.grace-e.co.jp/
*2015年3月に、派遣事業・職業紹介事業同時に優良事業者の認定を取得しました。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る