プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

「JIMTOF2016」への出展のご案内

(@Press) 2016年11月11日(金)16時45分配信 @Press

京セラは、本年11月17日(木)〜11月22日(火)までの6日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催される工作機械および関連機器等の見本市「JIMTOF2016(第28回日本国際工作機械見本市)」に出展いたします。京セラブースでは、鋳鉄加工用CVDコーティング新材種「CA3シリーズ」や高性能モジュラードリル「マジックドリル(R)DRA」、極小径・高送りカッタ「MFH Micro」をはじめ、新旋削チップや新型カッタなど、新技術・新開発による切削工具を幅広く紹介します。京セラは、“ADVANCING PRODUCTIVITY(アドバンシング・プロダクティビィティ)”をコンセプトに、切削工具を通じ、高性能・高精度加工でお客さまの生産性向上に寄与し、世界のものづくりに貢献します。

【見本市概要】
名称   :JIMTOF2016(第28回 日本国際工作機械見本市)
会期   :2016年11月17日(木)〜22日(火)
会場   :東京ビッグサイト(東京国際展示場)
ブース位置:小間番号「W1030」

【主な出展製品】
1.鋳鉄加工用切削工具の新材種「CA3シリーズ」
ピンクゴールド色の輝きを持つ新開発のCVDコーティングを超硬母材に施し、各層間の被膜密着強度を向上させることで、チップの長寿命化と切削時の安定加工を実現。この材種の性能を最大限発揮できるよう新設計の刃先形状を採用し、より高負荷な切削条件にも対応しています。

2.高性能モジュラードリル 「マジックドリル(R)DRA」
先端に特殊チゼル形状を有したS字曲線切れ刃を採用するとともに、ねじれ角およびフルート形状を最適化し、本体の剛性を向上させることにより、低抵抗設計で優れた穴精度を実現。さらに、ねじを取り外すことなくチップ交換が可能なねじ止め拘束方式や、多様な被削材で長寿命・安定加工を可能とした当社独自開発の特殊ナノ積層コーティング「MEGACOAT NANO(R)」(メガコート ナノ)を採用することで、高い汎用性を実現しています。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る