• トップ
  • リリース
  • スマホの普及により、若者の“四十肩”が急増!?肩まわりを柔らかくする「肩甲骨はがし」専用ツールに1週間で約400人の希望者が殺到!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社イッティ 

スマホの普及により、若者の“四十肩”が急増!?肩まわりを柔らかくする「肩甲骨はがし」専用ツールに1週間で約400人の希望者が殺到!

(@Press) 2016年11月11日(金)15時00分配信 @Press

健康器具の通信販売を展開する株式会社イッティ(代表:瀧本洋 本社:東京都渋谷区)では、この度、肩甲骨はがしの専用ツール「ストレッチハーツ」を開発、販売を開始しました。若い世代でも四十肩などに悩む人が急増する中、発売からわずか1週間で390人の利用申し込みが殺到しています。

【スマホが原因で若者も四十肩に!?予防にはストレッチがいいけれど……】

最近、20〜30代の若者にも「四十肩」が増えています。原因は、長時間に渡りデスクワークをしたり、スマホを使い続ける人が増えたためと言われています。四十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といい、肩の関節などの組織が炎症を起こしている状態で、本来は中高年層に多いもの。その予防には、ストレッチで筋肉を柔らかくすることが効果的といわれています。

ここ数年は「ストレッチブーム」で、フィットネスクラブよりも気軽に利用できるストレッチ専門店が、街中に急増しています。そのような施設では「肩甲骨はがし」などのストレッチを教えており、利用者から好評を得ているようです。

肩甲骨はがしをすると「今まで上がらなかった腕が、すぐに上がるようになった」という方が多くいます。しかし、肩甲骨は背中にあるので、トレーナーなどの専門家が指導しなければ、正しいストレッチを行うことが難しいとされてきました。

【「肩甲骨はがし」専用器具を開発!1週間で約400人の希望者殺到!】

そこで当社では、肩甲骨はがし専用のストレッチツール「ストレッチハーツ」を開発。これは、肩甲骨の形に合わせたハート形で立体構造の健康器具です。今年9月に販売を開始したところ、ネットや口コミで評判が広がり、1週間で390人の利用申し込み希望者が殺到しました。

ストレッチハーツを使い、毎日3分間ストレッチをしただけで、肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなり、腕が上がるようになったという声を多数いただいています。
■背中にあるワンピースのファスナーが締められるようになった。(20代・女性)
■新幹線内や飛行機内で、席上の荷物の上げ下げができるようになった。(30代・女性)
■自宅のシャッターの開け閉めが楽になった。(40代・男性)

当社では、ストレッチハーツのアドバイザーとして、タレントの保阪尚希さんを起用。自分でストレッチや肩甲骨はがしをして、柔軟性を高めることを「軟活(なんかつ)」と名付け、その大切さを広める活動を展開しています。

【「ストレッチハーツ」商品詳細】
商品名:ストレッチハーツ
材質:ポリプロピレン、エラストマー
サイズ:W262.5mm D256.6mm H92.5mm
販売価格:3980円(税込)
商品情報URL: http://ichiban-boshi.com/shop/shop.cgi?id=129

【今後の展開】
今後は、大手ショッピングセンター等の店頭での販売や、高齢者向けの体操教室での「ストレッチハーツ体験会」などを計画しています。

【会社概要】
名称   : 株式会社イッティ
住所 : 〒150-0011 東京都渋谷区東1-27-7渋谷東KMビル2F
URL   : http://itty.co.jp/company.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る