• トップ
  • リリース
  • 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の出展アーティストが阪急西宮ガーデンズ「ART GARDEN」に出展 公募大賞グランプリ受賞アーティスト川田知志の新作を展示

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

阪神電気鉄道株式会社

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の出展アーティストが阪急西宮ガーデンズ「ART GARDEN」に出展 公募大賞グランプリ受賞アーティスト川田知志の新作を展示

(@Press) 2016年11月11日(金)09時45分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)とそのグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)は、2016年9月14日(水)から11月23日(水・祝)まで「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」を開催しています。
今年は、2016年11月1日(火)から11月27日(日)まで阪急西宮ガーデンズのイベント「ART GARDEN」に出展し、4階スカイガーデン、ガーデンズホールにて9名のアーティストによる作品展示のほか、公開制作やワークショップを開催しています。
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」公募大賞グランプリを受賞した川田知志の新作も展示しています。

■ 阪急西宮ガーデンズ「ART GARDEN」概要
【日程】
11月1日(火)〜11月27日(日)
【時間】
10:00〜21:00(ガーデンズホールの営業は10:00〜17:00)
※最終日は15:00で終了
【場所】
阪急西宮ガーデンズ 4階 スカイガーデン、ガーデンズホール
※11月12日(土)、19日(土)はイベント開催のためガーデンズホールを休館いたします(観覧不可)
【料金】
無料
【内容】
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」の出展アーティストを含む9名の作品を展示するほか、毎週日曜日(11月13日、20日、27日)にはワークショップ(一部有料)を開催します。
【出展アーティスト】
大石麻央、隠崎麗奈、川口珠生、川田知志、現代美術二等兵、
佐川好弘、篠原奈美子、タン・ルイ、マキコムズ※、松本かなこ、森太三※
※印のアーティストはワークショップのみの出展です

■ 川田知志「西宮8園地」
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」公募大賞グランプリを受賞した川田知志は、路上に描かれた絵に衝撃を受けたことをきっかけに大学でフレスコ画を学び、現在半恒久的な壁画を主に制作しています。今回の「ART GARDEN」では兵庫県西宮市にある地名に「園」のつく高級邸宅街の総称である「西宮七園」のエピソードに着想を得た、幅約30メートルのダイナミックな壁画作品を展示しています。

<川田知志のコメント>
「西宮七園」に象徴されるように西宮市が街の開発を行う中で追求してきた「付加価値を創出すること」や、その付加価値の象徴のように感じられた「阪急西宮ガーデンズ」の存在を強く意識しました。作品に登場するモチーフは、甲東園に明治時代に存在した果樹園、1970年の大阪万博開催時にタイ国からやってきた象が国道171号を行進し途中武庫川で水浴びをしたエピソード、武庫川水系の羽束川、西山川に生息するオオサンショウウオに着想を得ています。
またこの作品では、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」で本格的に使い始めた技法を用い、広い屋外空間や自然環境の中での制作が可能になりました。展示している場所は屋外ステージでのイベントの際にはお客様が背を向ける、注目されにくいところだと思います。作品を通じてこの場所に注目を集め、愛着や気づきを持ってもらえればと思います。(談)

■川田知志 プロフィール
1987年 大阪府生まれ
2013年 京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画終了

〈主な展覧会歴〉
2015年 「京都銭湯芸術祭2015」玉の湯(京都)
2015年 夏休み企画展2015「ハイパートニック・エイジ」
京都芸術センター(京都)
2015年 1floor「対岸に落とし穴」神戸アートビレッジセンター(神戸)

路上に描かれた絵から衝撃を受けた後、大学でフレスコ画を学び、現在半恒久的な壁画を主に制作しています。銭湯や学校の廊下など、公共施設で制作することも多く、その壁と壁の周辺の環境を取り込みながら、普段施設を利用する常連の方に壁の存在や影響、愛着を確かめてもらえるような作品を制作しています。

■「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」開催概要

【会期】
2016年9月14日(水)〜11月23日(水・祝)
※会期中無休

【開催時間】
10:00〜17:00
※会場により21:00(土日祝は22:00まで)鑑賞できる作品あり

【会場】
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル、天覧台、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)、グランドホテル 六甲スカイヴィラ、[プラス会場]TENRAN CAFE
※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品鑑賞についてはカフェの飲食利用が必要です

【料金】
当日券:大人1,850円、小人930円
※中学生以上は大人料金、4歳〜小学生は小人料金
※中学生以上の学生は学生証の提示で学生割引料金(1,550円)を適用
※本券で「自然体感展望台 六甲枝垂れ」「六甲山カンツリーハウス」「六甲高山植物園」
「六甲オルゴールミュージアム」への入場が可能です(六甲ケーブルおよび六甲山上バスの運賃は含まれていません)

【出展アーティスト】
〈展示〉
明楽和記、飯川雄大、永長さくら、emullenuett(エミュレヌエット)、岡本光博、隠崎麗奈、川田知志、靴郎堂本店、桑久保徹、君平、K-5、近藤正嗣、西條茜、さわひらき、柴山水咲、菅沼朋香、角倉起美、曽谷朝絵、高橋匡太※、谷本研、タン・ルイ、遠山之寛、トーチカ、PARANOID(パラノイド) ANDERSONS(アンダーソンズ)、古屋崇久、前谷開、マスダマキコ、松井ゆめ、松本かなこ、三沢厚彦、三宅信太郎、森太三、八木良太、山崎大寿、山本桂輔、横山裕一、吉田一郎
※印のアーティストは10月29日(土)から11月13日(日)までの「ザ・ナイトミュージアム」期間限定展示です

〈ワークショップ〉
飯川雄大+ばうみみ、靴郎堂本店、松本かなこ、三田村管打団?、森太三


資料に関するお問い合わせ先
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016事務局
六甲山観光株式会社 営業企画室
TEL:078-894-2210(平日9:00〜18:00)/ FAX:078-894-2088


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016 https://www.rokkosan.com/art2016/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4615.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る