• トップ
  • リリース
  • 〜アジアの熱気が世界を揺さぶる。ストリートダンスがダンスを超える!〜DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements 東京公演 開催開催日時:12月9日(金)・10日(土)・11日(日)開催場所:東京芸術劇場 シアターイースト(東京都豊島区)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

国際交流基金アジアセンター、株式会社パルコ

〜アジアの熱気が世界を揺さぶる。ストリートダンスがダンスを超える!〜DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements 東京公演 開催開催日時:12月9日(金)・10日(土)・11日(日)開催場所:東京芸術劇場 シアターイースト(東京都豊島区)

(@Press) 2016年11月15日(火)10時00分配信 @Press

国際交流基金アジアセンター(以下、アジアセンター)と株式会社パルコは、日本と東南アジア他を代表するストリートダンサーが共演する「ダンス・ダンス・アジア 〜クロッシング・ザ・ムーヴメンツ〜」(以下、ダンス・ダンス・アジア)東京公演を開催いたします。


ダンス・ダンス・アジアは、舞台作品の共同制作・上演を通じ、ストリートダンスをキーワードに活躍するダンサーやクリエイターのアジア域内の交流を促進し、新たな文化の創造を目指すプロジェクトです。ここ数年、ストリートダンスを軸とした舞台作品は新しい表現として、ダンサーや演劇・映像クリエイターのみならず、舞台評論家からも注目されており、ダンス・ダンス・アジアはその一端を担っています。
3年目を迎えた今年は、ダンサーとしても活躍している牧宗孝 MIKEY from 東京ゲゲゲイ(日本)、Vince Mendoza“Crazybeans”(フィリピン)、LION T(ベトナム)の3人を振付・演出家として起用。様々な文化背景をもつダンサーたちが、多彩な表現力と卓越したテクニック、音楽が融合された3作品を披露します。
世界中の注目を集める日本とアジアのストリートダンスシーン、そこから生み出される最先端の表現を体感してください。


■Team MIKEY
ストリートダンス界から初めて日本ダンスフォーラム賞を受賞した、注目のダンサー・クリエイター牧宗孝。今回の上演のために自ら選び、結成した、ワイルドにして妖艶な美少年たちによるBLACK LIP BOYSが躍動!MIKEY王国に仕掛けられた甘美な罠は、あなたをダンス中毒にする。もうダンスが退屈だなんて言わせない。

<振付・演出家プロフィール> ※ ( )内は国・地域名
○牧宗孝 MIKEY from 東京ゲゲゲイ(日本)
ニックネーム MIKEY(マイキー)。パフォーマー、振付師、演出家、音楽家。
ダンスチーム「東京ゲゲゲイ」のリーダー。
3歳から日本舞踊やお囃子を学ぶ。19歳で歌のオーディションに参加し3万人の中からグランプリを獲得。その後歌を封印し、23歳で東京★キッズを結成。
ゲイをカミングアウトし、ゲイカルチャーにインスパイアされた奇抜なスタイルへと変貌をとげ、ダンス界から注目を浴び始める。スーパーチャンプル ベストパフォーマンス賞を受賞。2013年、東京ゲゲゲイを結成。2015年、「ASTERISK〜女神の光〜」の演出・脚本・振付・音楽を手がける。テーマソングは、長年振付を担当している加藤ミリヤが書き下ろし、デュエットを果たす。同年12月、河原雅彦演出「ライチ☆光クラブ」でパフォーマンス演出、テーマソング作詞作曲。2016年、中村うさぎ書きおろし「ASTERISK Goodbye, Snow White 新釈・白雪姫」で演出・振付・音楽を手がけ、主演する。DANCE DANCE ASIAでは、東京ゲゲゲイとして2015年にフィリピン、タイ、東京公演に出演。同年ストリートダンス界から初の日本ダンスフォーラム賞を受賞。

「(タイトル未定)」
振付・演出:牧宗孝 MIKEY from 東京ゲゲゲイ(日本)
演出助手 :BOW(日本)
出演   :“BLACK LIP BOYS”
      A-Yao Ninja(台湾)、El-John(フィリピン)、kEnkEn(日本)、
      Renz(フィリピン)、TeDoubleDy Teddy(マレーシア)

https://www.atpress.ne.jp/releases/116121/img_116121_1.jpg


■Team VINCE
バトルやコンテストでも数々のワールドタイトルを持つVince Mendoza。「Hilatas(君を導く光)」と題された作品は、自らの半生をベースにし、いかなる逆境にも背を向けず、前向きに立ち向かうことで夢を叶える姿を描く。ストリート、コンテンポラリー、アクロバットなど、多様なダンスの魅力を凝縮した、歴史に刻まれる傑作が誕生。

<振付・演出家プロフィール> ※ ( )内は国・地域名
○Vince Mendoza“Crazybeans”Philippine Allstars(フィリピン)
ダンサー、振付家。UK B-Boy Championship Poppin'フィリピン代表。
2016年は、ブダペスト『Get Down』Poppin'、ベトナム『Together Time』オールスタイルで優勝。同年、香港で開催された『SDK ASIA 2016』でTEAM Xとして優勝。ユニットPrince&Vinceで、フランス、シンガポールで開催されたJuste Deboutに参加(2010年、2012年、2016年)。LACOSTE、DIESELなどのショーの振付や、Music Video、コマーシャルなど多数手がける。2015年、Philippine Allstarsのメンバーとして「DANCE DANCE ASIA 東京公演」に出演。

「Hilatas(君を導く光)」
振付・演出:Vince Mendoza“Crazybeans”Philippine Allstars(フィリピン)
出演   :Bboy Allen(フィリピン)、Bird(シンガポール)、
      Khenobu(マレーシア)、松田尚子(日本)、
      Rhosam V. Prudenciado Jr.“Sickledsam”(フィリピン)、
      Salt(インドネシア)
DJ    :MED MESSIAH(フィリピン)
ベース、クビン(フィリピンの口琴):Carlo Bernardino(フィリピン)

https://www.atpress.ne.jp/releases/116121/img_116121_2.jpg


■Team LION T
世の中、金じゃない!
ベトナムのストリートダンスグループBIG TOEのリーダーとしてストリートダンス界を牽引し、欧州でも舞台作品の制作経験を持つLION T。 懸命に仕事をするのは、個人の成功のためではない。家族や友人と心を通わせ、ともにより良い社会を作るため、という想いが込められた本作品は、いま世界に届けたいメッセージ。

<振付・演出家プロフィール> ※ ( )内は国・地域名
○LION T(ベトナム)
ダンサー、振付家。1991年ヒップホップをはじめ、翌年からストリートダンスグループBIG TOEに参加。2010年にBattle Of The Year SEA&SOUTH ASIAで優勝。同年、世界的なコンペティションR16でも第3位になる。現在、リーダーを務めるBIG TOEは、ポップ、ワック、ハウス、ヒップホップ、合わせて約80名のメンバーで構成され、5〜15歳までのジュニア世代の育成にも力を注いでいる。また、個人の活動としてTV番組やオリジナル作品の制作にも力を注いでいる。

「CHAIRS」
振付・演出:LION T(ベトナム)
演出助手 :Maitinhvi(ベトナム)
出演   :C2Low(ベトナム)、HOSHITO(日本)、
      Jackson Boogie J(マレーシア)、Maitinhvi(ベトナム)、
      MARIN(日本)、Michael Sim(シンガポール)
ヒューマンビートボックス:MK(ベトナム)

https://www.atpress.ne.jp/releases/116121/img_116121_3.jpg


■DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements 東京公演 開催概要
公式サイト  : http://dancedanceasia.com/
SNSアカウント: Twitter、Facebook、Instagram「 #DDAダンス 」で検索!

【公演日程】
2016年12月9日(金)〜12月11日(日)
12月 9日(金):19:00(開場18:30)
12月10日(土):13:00(開場12:30)、18:00(開場17:30)
12月11日(日):13:00(開場12:30)
※各回とも3作品全てを上演します。

【会場】
東京芸術劇場 シアターイースト(東京都豊島区西池袋1-8-1)
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分、駅近通路2b出口直結

【チケット】
○一般 3,500円(全席指定・税込)
※ご同伴のお子さまの割引販売がございます。(3歳以上、小学生まで2,000円)

○学生 2,500円(大学生・専門学生・中高生の方対象)
※当日入場時に学生証をご提示ください。
※グループ観劇(8名以上)予約受付中!詳細はパルコ・ステージ・インフォメーションまで。
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番号を公演前日までにパルコ・ステージ・インフォメーション宛にご連絡ください。
※3歳未満のお子様の入場はお断りさせて頂きます。お一人様につきチケット1枚が必要です。

託児サービス(生後3ヶ月から小学校入学前まで) 小学館集英社プロダクション
【お申込み・お問い合わせ】
03-3981-7003(平日10:00〜17:00 ※土・日・祝休み)
http://www.geigeki.jp/rent/kids/

【お問い合わせ】
パルコ・ステージ・インフォメーション http://www.parco-play.com/
03-3477-5858(月〜土 11:00〜19:00/日・祝 11:00〜15:00)

【チケット取扱い】
※ グループ観劇(8名様以上)予約受付中!
  詳細はパルコ・ステージ・インフォメーションまで。
○パルステ!(スマホアプリ) パルステ! 検索
○チケットぴあ http://w.pia.jp/t/dda/
 0570-02-9999(Pコード:454-658)
 セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
○ローソンチケット http://l-tike.com/dda/
 0570-08-4003(Lコード:31520)
 0570-00-0407(オペレーター対応)
 ローソン、ミニストップ店内Loppi
○イープラス http://eplus.jp/dda/
 ファミリーマート店内Famiポート
○東京芸術劇場ボックスオフィス http://www.geigeki.jp/t/ (パソコン)
                http://www.geigeki.jp/l/t/ (携帯)
 0570-010-296(10:00〜19:00)休館日除く。
 ※ 窓口販売あり(10:00〜19:00)休館日除く。

【主催】
○国際交流基金アジアセンター http://jfac.jp/
独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。アジアセンターは2014年4月に設置され、ASEAN諸国を中心としたアジアの人々との双方向の交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指しています。

○株式会社パルコ http://www.parco.co.jp/
エンタテインメント事業として、演劇や音楽、映画、アート分野で新しいカルチャーを積極的に紹介し、アンダーグラウンドシーンをアップグラウンドに押し上げる一助を担ってきました。2011年からは新しいエンタテインメントとしてストリートダンス舞台公演など話題の企画を国内外に発信しています。


※ 全てのプログラムの内容は予告なしに変更になる可能性があります。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る