• トップ
  • リリース
  • 喫煙具の祭典開催!2016年はライター安全マークの周知活動を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

一般社団法人日本喫煙具協会

喫煙具の祭典開催!2016年はライター安全マークの周知活動を実施

(@Press) 2016年11月15日(火)09時30分配信 @Press

一般社団法人日本喫煙具協会(所在地:東京都台東区)は、11月11日の『ライターの日』(いい着き、いい炎)にちなみ、2016年11月12日(土)・13日(日)の2日間、東京ソラマチ(R)5階のスペース634で「喫煙具の祭典」を開催しました。


2016年はTV局 TOKYO MXがイベントの後援となり、よりパワーアップしたイベントとなりました。
会場では人気の喫煙具やアンティークライターなど様々な展示されたほか、手巻きたばこの無料体験やライターのタッチアンドトライ、アンケート抽選会、「ライター・オブ・ザ・イヤー2016」を決める人気投票などが行われ、多くの来場者で賑わいました。

今年は、子どもの火遊びが社会問題になっている背景もあり、小さいお子様をもつ親子に向けてライター安全マークの認知向上、子どもの火遊び事故防止のための「子どもを守るライター4か条」周知活動を行うことを主眼とし、ラッピングバスを走らせよう企画では、会場内にお子様向けにライター安全マークの塗り絵コーナーを設置、クレヨンで描いたライター安全マークを、ラッピングバスに掲載する企画を実施しました。(ラッピングバスは、都営バス路線バスに掲載し、都内を走ります。2017年1月〜2月から1年間、東京スカイツリー(R)周辺、浅草周辺を走行予定です。)

また、お笑いコンビ「めおと楽団ジキジキ」さんが出演し、「子どもを守るライター4か条」などを織り込んだパフォーマンスを披露。歌あり、笑いありのめおと楽団ジキジキは、本格的な演奏と「めおと」ならではの軽妙なやりとりで、会場を盛り上げました。
同会場では、CR(チャイルドレジスタンス)機能を備えていない旧型使い捨てライターが子どもの火遊び火災の原因となっていることから、家庭内にある旧型使い捨てライターの回収コーナーを設置しました。


≪一般社団法人日本喫煙具協会について≫
「喫煙具の品質・安全性を向上させたい」「より多くの人々に喫煙具の楽しさ・便利さを知ってもらいたい」そんな共通の想いをもつ企業が集い、1976年(昭和51年)7月に設立されたのが『一般社団法人日本喫煙具協会』です。

所在地 : 〒111-0042 東京都台東区寿3-19-5
事業内容: 喫煙具アドバイザーの育成、喫煙具総合カタログの制作 など
URL   : http://www.jsaca.or.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る