• トップ
  • リリース
  • 世界のトップITエンジニアが同時に勝負!世界の有名大学の学生等約1,200人が集結 オンラインプログラミングコンテストが11月11日から開催

プレスリリース

  • 記事画像1

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

世界のトップITエンジニアが同時に勝負!世界の有名大学の学生等約1,200人が集結 オンラインプログラミングコンテストが11月11日から開催

(@Press) 2016年11月09日(水)17時00分配信 @Press

全世界の若手高度人材を対象に採用支援事業や留学促進支援事業を展開するフォースバレー・コンシェルジュ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平)は、プログラミング言語問わず、全世界トップITエンジニアが一つのプラットフォームで戦うオンラインプログラミングコンテスト「TOP CAREER CODE CHALLENGE 2016」を2016年11月11日(金)〜13日(日)・25日(金)〜27日(日)の期間で開催します。

特設サイト: http://www.topcareer.jp/inter/code2016/


本コンテストは、2016年11月11日(金)より二段階の選考を実施し、世界トップレベルのITエンジニアの発掘を目指しています。また、国際舞台でチャレンジしたい成績上位者に対して、キャリア形成の機会を提供する仕組みも構築しています。コンテストには10月上旬の受付開始以来、シンガポール国立大学、香港科技大学、東京大学、スタンフォード大学、コロンビア大学など、世界トップクラスの大学出身者を中心に合計1,200名弱の学生・社会人が応募しており、参加予定となっています。


【開催概要】
TOP CAREER CODE CHALLENGE 2016

<開催スケジュール>
第1ラウンド: 11月11日(金)〜13日(日)(成績上位者100名が第2ラウンド進出)
第2ラウンド: 11月25日(金)〜27日(日)(全てオンラインにて実施)
特設サイト : http://www.topcareer.jp/inter/code2016/

<アワード>
優勝賞金:10,000 USD
成績上位者の中で、日本就職を希望するエンジニアには来日し面談の機会を設定


【フォースバレー・コンシェルジュ株式会社】
世界中の高度人材と企業を繋ぐ人材コンサルティング事業を展開。現在100ヶ国に展開し、約10万人の高度人材が登録。日本のトップ企業を中心に取引先は約300社。国内では、東京大学、京都大学、早稲田大学をはじめとした国内上位大学の外国人留学生の登録人数は国内随一(年間約3,500名の新規登録)。海外では、ハーバード大学、オックスフォード大学、北京大学をはじめとした世界トップクラスの大学約700校における学生・卒業生ネットワークを有する。企業に対し、世界トップクラスの人材を採用するための戦略策定、採用支援、内定後サポート、入社後の活躍のためのリテンションプランまで、一気通貫でサポートするグローバル採用・人事支援をする。
URL: http://www.topcareer.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る