• トップ
  • リリース
  • 第9回「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」 授賞式をハリウッドにて開催

プレスリリース

  • 記事画像1

スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ハミルトン事業本部

第9回「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」 授賞式をハリウッドにて開催

(@Press) 2016年11月09日(水)14時00分配信 @Press

これまでに登場した映画は450作品を上回り、数々のアカデミー賞受賞作品や、近年では「インターステラ―」、「オデッセイ」、「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」などの話題作への登場も果たす時計ブランド ハミルトン。ハリウッドの映画界におけるパイオニアとしても知られるハミルトンは、2016年11月6日(日)、ロサンゼルスのエクスチェンジ・エルエー(Exchange LA)にて、監督、プロデューサー、小道具や衣裳など、映画製作に携わるクリエイター達を讃える、第9回「ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード」の贈賞式を、ロサンゼルス・コンフィデンシャル マガジンと共催で開催しました。


2016年の受賞者やプレゼンターには、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞、BAFTA、SAG賞などで合計126を超える受賞・ノミネート実績に及ぶ、映画界をリードする顔ぶれが揃いました。特に、プレゼンターでは、「インターステラ―」でハミルトンと共演したアカデミー俳優のマシュー・マコノヒー、ナタリー・ポートマン、デンゼル・ワシントン、ユアン・マクレガー、グラミーやアカデミー受賞シンガーのジョン・レジェンドなど、日本でも人気を誇る豪華な俳優陣や著名人が駆けつけ、受賞者に賛辞を贈りました。


ハミルトン インターナショナルのCEO シルバン・ドラは、スピーチの中で次のように述べました。「時計づくりと同じように、素晴らしい映画も“情熱”によって生まれます。だからこそハミルトンは、ユニークで素晴らしい映画をつくる最も情熱的なクリエイターに賞を捧げ、その情熱を分かち合うのです。」

また、プレゼンターとして登場したナタリー・ポートマンは、「JACKIE(原題)」でプロデューサー賞を受賞したダレン・アロノフスキーに賛辞を述べました。
「この映画はダレンなしでは作り上げることのできない作品でした。だから今日ここであなたにこの賞を贈ることができて、とても誇りに思うわ。おめでとう、ダレン!」

視覚効果賞を受賞したクレイグ・ハンマックは「この作品を一緒に作り上げてくれた数百人のスタッフや、この栄誉ある賞を分かち合うすべての仲間を代表して、ハミルトンに感謝するよ。」と喜びを語り、編集賞を受賞したメリアン・ブランドンは「映画の編集という仕事はなかなか注目されにくい仕事なんだ…。だからハミルトンが僕を見つけてくれて本当に嬉しいよ!」と、ユーモアを込めて述べました。


■2016年度受賞者リスト
<アニメーション賞>
クリス・メレダンドリ 「SING/シング」
プレゼンター:マシュー・マコノヒー
<プロデューサー賞>
ダーレン・アロノフスキー 「JACKIE(原題)」
プレゼンター:ナタリー・ポートマン
<脚本賞>
マイク・ミルズ 「20TH CENTURY WOMEN(原題)」
プレゼンター:ユアン・マクレガー
<作曲賞>
ジャスティン・ハーウィッツ 「LA LA LAND(原題)」
プレゼンター:ジョン・レジェンド
<撮影監督賞>
シャルロッテ・ブルース・クリステンセン 「FENCES(原題)」
プレゼンター:デンゼル・ワシントン
<音響技師賞>
ケビン・オコネル/ロブ・マッケンジー/アンディ・ライト 「HACKSAW RIDGE(原題)」
プレゼンター:メル・ギブソン
<視覚効果賞>
クレイグ・ハンマック 「ディープウォーター ホライズン」
プレゼンター:マーク・ウォルバーグ/ピーター・バーグ
<衣装デザイン賞>
メアリー・ゾフレス 「ヘイル、シーザー!」
プレゼンター:ジョン・レジェンド
<美術監督賞>
パトリス・ヴァーメット 「メッセージ」
プレゼンター:エイミー・アダムス
<編集賞>
メリアン・ブランドン 「PASSENGERS(原題)」
プレゼンター:モルテン・ティルドゥム監督
<ブレイクスル― 監督賞>
バリー・ジェンキンス 「MOONLIGHT(原題)」
プレゼンター:マハーシャラ・アリ
<リードヘアスタイリスト賞>
ケネス・ウォーカー 「LOVING(原題)」
プレゼンター:ジェフ・ニコルズ監督
<ブレイクスルー脚本賞>
ルーク・デイビス 「LION(原題)」
プレゼンター:デブ・パテル/サルー・ブライアリー
<外国語映画賞>
アクセル・クセバツキー(共同プロデューサー) 「NERUDA(原題)」
プレゼンター:ピーター・ボグダノヴィッチ
<小道具賞>
クレイグ・チーズマン 「THE CROWN(原題)」
プレゼンター:ヴァネッサ・カーヴィー

贈賞式では15部門の受賞発表に加えて、「アメリカン・アイドル」出身のジュリアナ・シャハイエドが登場。公開55周年を迎え、エルヴィス・プレスリーがハミルトンを着用したことでも知られる映画「ブルー・ハワイ」の代表曲、“Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)”を披露し、会場を沸かせました。

また、これまでの贈賞式では、プレゼンターとしてハリソン・フォード、ロバート・パティンソン、アントニオ・バンデラス、ダイアン・クルーガー、レニー・クラヴィッツ、エイミー・アダムス、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル、エミリー・ブラントをはじめとする豪華な俳優人や、マイケル・ベイ、J.J.エイブラムスなどのハリウッドを代表するクリエイターが登場。マシュー・モリソンやエリザベス・ロームなどがホストを務めました。

受賞者は、2016年度中に公開された映画、及び2016年度カンヌ、トロント、ベネチアの国際映画祭とアメリカ映画協会映画祭(Festival of the American Film Institute)に出品された作品の中から選ばれました。


■ハミルトンの歴史
1892年に米国ペンシルベニア州ランカスターで創業したハミルトンは、アメリカの歴史とともに歩み続けてきました。鉄道時計に始まったその歴史は、まさにアメリカの発展と時計史に足跡を残してきました。他ブランドと明確に一線を画す、自由と開拓の精神が生み出した個性的なデザインは、ハリウッド映画にも欠かせない存在として多くのクリエイターから支持されています。ハミルトンの時計が初めてスクリーンに登場した1951年以来、絶対的な存在感を放つ斬新な形状やユニークなデザインの時計は、スタンリー・キューブリック監督のSF傑作「2001年宇宙の旅」や「アイ・アム・レジェンド」、大ヒットシリーズ「メン・イン・ブラック」3部作などをはじめ、450作品以上の映画に登場しています。2014年の「インターステラー」では、映画のプロダクションチームから依頼を受け、ジェシカ・チャステイン演じるマーフが着用する時計を製作。ハミルトンの長い歴史と現代のセンスが融合した特別なタイムピースは、単なる小道具の1つではなく、物語の重要な役割を担っています。

公式サイト: http://www.hamiltonwatch.com/ja


■ロサンゼルス コンフィデンシャル
ロサンゼルスの代表的なプレミア雑誌で、ファッション、アート、ビューティー、カルチャー、ダイニング、エンターテインメント、インテリア、ナイトライフ、旅行に関する極上の情報を提供。プロの視点で、最新のトレンドや影響力のある人物、トレンドセッターを紹介しています。Los Angeles Confidential誌はGreenGale Publishing LLCから出版されています。GreenGale Publishingは、Aspen Peak、Austin Way、Boston Common、Capitol File、Gotham、Hamptons、Michigan Avenue、Ocean Drive、Philadelphia Style、Vegasなど都市情報誌を手がける出版社で、Art Basel、Wynn、Maison&Objet、The Mall at Short Hills、The Mall of San Juanなどをカスタム出版しています。戦略的な販売網とNielsen Claritasの実証データへの積極的な投資によって、GreenGale Publishingはアメリカの各都市において、リッチで洗練された読者に支持されるエリアライフスタイル出版社として知られています。GreenGale Publishingの発行物は全米で年間総発行部数410万部、1万3千ページを超えています。


■読者お問い合わせ先
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン
Tel: 03-6254-7371
URL: http://www.hamiltonwatch.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る