• トップ
  • リリース
  • 【クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016】年末年始はフロントガラスの汚れに注意警報発令!?フロントガラスが汚れていると、事故リスクは3倍に… しかも、約6割のドライバーが危険汚クルマで走行中!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社イチネンケミカルズ

【クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016】年末年始はフロントガラスの汚れに注意警報発令!?フロントガラスが汚れていると、事故リスクは3倍に… しかも、約6割のドライバーが危険汚クルマで走行中!

(@Press) 2016年11月09日(水)12時00分配信 @Press

50年以上の歴史を持つ「クリンビュー」ブランドを展開する、株式会社イチネンケミカルズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒田 雄彦)は、マイカーを所有する全国の20代〜60代の男女1,600人を対象に『クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016』を実施しました。この度、その結果がまとまりましたのでご報告致します。

今年4月に発表した『クルマの汚れとクルマ掃除に関する意識調査2016』では、汚れが原因で5人に1人のドライバーが“ヒヤリハット”を経験していることが明らかとなりました。本リリースは、より一つでも多くの交通事故を世の中から無くすために、具体的なクルマの汚れと交通事故の関連性について調査した最新の結果をご報告するものです。
また、日本自動車ジャーナリスト協会の菰田 潔氏に、この調査結果から見えるドライバーのカーライフ事情について、安全運転を目指し解説をいただきます。クリンビューは今後とも、皆さまの快適なカーライフを応援してまいります。


■調査トピックス
【約6割が危険汚クルマ!?フロントガラスの汚れが気になる状態での運転は事故リスクが3倍に!!】
1.4人に1人が「経験あり」!フロントガラスの汚れや、くもりによる視界の悪さで事故にあいかけたことがある
2.フロントガラスの汚れが気になる状態でも運転したことがあるドライバーは約6割(58.0%)もいる
3.フロントガラスの汚れが気になる状態での運転は、気にならない状態での運転と比べ事故リスクが3倍に!

【掃除したつもりが逆効果!?ドライバーの7割が知らない「シリコン系の油膜汚れ」に要注意!】
4.ドライバーを悩ますフロントガラスの汚れランキング!1位は「ギラギラした油膜汚れ」
5.ドライバーの7割(71.9%)が知らない!「シリコン系の油膜汚れ」は掃除方法に要注意!

【フロントガラスが原因で事故にあいかけた!原因は晴れていると気づかない“ゴースト汚れ”?】
6.1位「雨の日の白いくもり」、2位「雨の日の水はけの悪さ」、3位「夜間のギラギラ汚れ」

【約6割が掃除せず年明け…今年中に、ドライバーが念入りに掃除したい場所ランキングTOP5!】
7.6割(60.8%)が毎年汚クルマで年明け…毎年の年末にクルマの大掃除をしているのは、4割未満(39.2%)!
8.1位「ボディ」、2位「フロントガラス」、3位「外窓」、4位は「内窓」と「マット」がランクイン


【約6割が危険汚クルマ!?フロントガラスの汚れが気になる状態での運転は事故リスクが3倍に!!】
1.4人に1人が「経験あり」!フロントガラスの汚れや、くもりによる視界の悪さで事故にあいかけたことがある
2.フロントガラスの汚れが気になる状態でも運転したことがあるドライバーは約6割(58.0%)もいる

フロントガラスの汚れが原因で事故にあいかけた経験があるかをたずねたところ、27.9%が「はい」と回答。これはドライバーのおよそ4人中1人に相当します。車の汚れが事故に繋がる危険性は高いということが分かります。【図1】
そして、フロントガラスの汚れが気になる状態でも運転したことがあるかを尋ねたところ、なんと、58.0%のドライバーが運転をしたことがあることが明らかになり、汚クルマが今も走行している可能性を示唆しています。【図2】

<図1、2> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_2.jpg

3.フロントガラスの汚れが気になる状態での運転は、気にならない状態での運転と比べ事故リスクが3倍に!

さらに、「フロントガラスの汚れやくもりによる視界の悪さが原因で、ヒヤリハットを経験したことがある」との回答27.9%を、「フロントガラスの汚れが気になる状態でも運転を行ったことがあるか」の設問、つまり、「汚れが気になる状態での運転と気になる汚れがない状態での運転による事故リスクの差」を明らかにするためにクロス集計を行いました。その結果、「汚れが気になる状態でも運転し、ヒヤリハットを経験したことがある」が38.8%、「気になる汚れはなかったが、ヒヤリハットしたことはある」が12.8%となり、フロントガラスの汚れの有無は、ドライバーの事故リスクを3倍に引き上げることが考察できます。【図3】

<図3> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_1.jpg


【掃除したつもりが逆効果!?ドライバーの7割が知らない「シリコン系の油膜汚れ」に要注意!】
4.ドライバーを悩ますフロントガラスの汚れランキング!1位は「ギラギラした油膜汚れ」

フロントガラスの掃除に悩んだことがあると回答した513人に、具体的に困ったことのあるフロントガラスの汚れについて尋ねたところ、1位は「ギラギラした油膜汚れ」で66.7%、2位は「鳥のフン」で56.9%、3位が「水はけの悪さ」で44.6%となりました。これらの汚れは、多くのドライバーにとって、その対処を悩ます原因になっていることが考察できます。【図4】

<図4> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_3.jpg

5.ドライバーの7割(71.9%)が知らない!「シリコン系の油膜汚れ」は掃除方法に要注意!

図4でドライバーを困らせる汚れ1位だった「ギラギラした油膜汚れ」について、その原因を探るべく、「シリコン系の油膜汚れ」と「その他の油膜汚れ(石油系油膜、皮脂汚れ、泥汚れ)」は、それぞれ対処の方法が異なることから、それぞれの汚れは異なることを知っているかを質問しました。結果、71.9%のドライバーが「いいえ(知らない)」と回答。シリコン系の汚れは、その他の汚れと同じ掃除方法では取りきることができず、むしろ掃除によって引き伸ばされ、悪化してしまいます。このことから、正しい掃除方法を知らないまま掃除することが、油膜汚れの掃除を悩ます原因となっている可能性が考えられます。【図5】

<図5> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_4.jpg


【フロントガラスが原因で事故にあいかけた!原因は晴れていると気づかない“ゴースト汚れ”?】
6.1位「雨の日の白いくもり」、2位「雨の日の水はけの悪さ」、3位「夜間のギラギラ汚れ」

図1「フロントガラスの汚れや、くもりによる視界の悪さで、事故にあいかけた(ヒヤっとした)ことがある」と回答した446人のドライバーに対して、具体的にどんな原因であったかを調査しました。1位は「雨の日にフロントガラスが白くくもったため」で50.9%、2位は「雨の日にフロントガラスの水はけが悪かったため」で49.8%、3位に「夜間にフロントガラスがギラギラと油膜で汚れていたため」で43.3%という、上位3つの原因は僅差の結果となりました。これら3つの原因の共通点として“日差しがない”ことが挙げられます。また、4位の「雨は降っていないが、フロントガラスが白くくもったため」26.9%との差はおよそ2倍となっています。このことから、晴れている時には気づかず、暗い状況になってからはじめて気づくことにより、汚れが原因でヒヤリハットしていることが推察できます。まるで“ゴーストのような汚れ”には、晴天時からの念入りな注意が必要です。【図6】

<図6> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_5.jpg


【約6割が掃除せず年明け…今年中に、ドライバーが念入りに掃除したい場所ランキングTOP5!】
7.6割(60.8%)が毎年汚クルマで年明け…毎年の年末にクルマの大掃除をしているのは、4割未満(39.2%)!
8.1位「ボディ」、2位「フロントガラス」、3位「外窓」、4位は「内窓」と「マット」がランクイン

「毎年の年末に車の大掃除をしているか」を尋ねたところ、「毎年掃除している」と回答したのは、4割未満の39.2%で、60.8%のドライバーは毎年、クルマの汚れを落とさないまま、年明けをしていることが分かりました。【図7】
そして、今年の年末の大掃除について、どこを念入りに掃除したいかを質問したところ、1位「ボディ」(68.4%)、2位「フロントガラス」(58.6%)、3位「外窓」(42.0%)、4位は同率で「内窓」と「マット」(40.1%)という回答結果となりました。多くのドライバーが今年中に掃除したい場所は様々ですが、「フロントガラス」などの“ガラス窓”が上位を占める結果となりました。【図8】
年末年始の帰省シーズンは、ぜひ念入りに車の大掃除をしてみてはいかがでしょうか。

<図7、8> https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_6.jpg


【「クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016」調査概要】
調査主体:株式会社イチネンケミカルズ
調査日 :2016年8月27日(土)〜8月29日(月)
調査方法:アンケート調査 (インターネット調査による)
調査対象:全国20代〜60代の男女
回答数 :1,600名 条件マイカーを所有している

■調査結果解説
今回の調査結果から安全運転の基本の部分がよく見えてきます。これはクルマを綺麗にしておくことがいかに大事かを振り返ることができるデータです。
自動車の運転は一種のスポーツと考えられます。レースやラリーなどのモータースポーツに限らず、日常の買い物に行く運転もスポーツと言えます。それは「情報を得て」「状況判断をして」「行動する」というプロセスが同じだからです。サッカーを例にすれば、敵がどこにいて、ボールがどこにあるという情報を得て、点を取りに行くためには次にどうするかを判断し、動いたりボールを蹴ったりします。
運転も同じように周りのクルマがどこにいて、信号や標識を確認し、次にどうするかを決めて、ハンドル、アクセル、ブレーキを操作します。この繰り返しが運転なのですが、最初の「情報を得る」というところでは感覚的には98%くらいは目から得る情報といえるでしょう。正確な判断をするためには正しい情報が必要です。つまり車を安全に走らせるためにはまず見るということが重要なのです。
クルマを綺麗にしておくことは単に見栄えが良くなるだけでなく、安全運転のためにも役立つことを多くのドライバーに知ってもらいたいです。

■解説者:菰田 潔氏(日本自動車ジャーナリスト協会 会長)
本業はモータージャーナリスト。その他に日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)交通安全・環境委員会委員、警察庁 各種懇談会委員、国土交通省 道路局ラウンドアバウト検討委員会委員、一般社団法人 全国道路標識・標示業協会 理事、公益財団法人 高速道路調査会 調査研究委員会委員、BMW Driving Experienceのチーフインストラクターなど、国内外を問わず幅広く活躍している。また運送会社など企業向けの実践的なエコドライブ講習、安全運転講習、自動車教習所のアドバイザーとして教官の教育なども行い、その分かりやすく丁寧な指導法が注目されている。

https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_9.jpg


【「クイックお掃除プロジェクト」とは】
■全てのドライバーに、安心安全で快適なカーライフを届けたい。
マイカー所有者のうち、車掃除に悩みを抱えている人が7割という結果を受け、その悩みを解決すべく洗車や車掃除、カーケアなどのパイオニアとして50年以上の歴史のあるクリンビューが、手軽で分かりやすい車掃除方法「クイックお掃除術」をお伝えするプロジェクトです。特設サイトでは、プロから見た“やっかい汚れ”や、季節汚れの対処法について、ビギナードライバー目線で、分かりやすくご紹介しています。大切なクルマを、汚クルマにしてほしくない。クリンビュー「クイックお掃除プロジェクト」では、今後とも皆さまの安心安全で快適なカーライフを応援します。

■クリンビュー「クイックお掃除プロジェクト」
http://www.ichinen-chem.co.jp/business/consumer/lp/index.html
プロジェクトサイトでは、調査結果や、季節に合わせた掃除のポイントもご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

<サイトイメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_7.jpg


【参考資料:イチネンケミカルズ会社概要、クリンビュー新商品のご案内】
■会社概要
商号   : 株式会社イチネンケミカルズ
英文商号 : ICHINEN CHEMICALS CO.,LTD.
代表者  : 代表取締役社長 黒田 雄彦
所在地  : 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2番8号
            住友不動産三田ツインビル東館8階
設立   : 1953年(昭和28年)3月4日
事業内容 : 燃料添加剤事業、産業用・自動車補修用ケミカル事業、
      コンシューマーケミカル事業、ファインケミカル事業、
      海外事業
資本金  : 100,000,000円
URL   : http://www.ichinen-chem.co.jp

■クリンビュー新商品:『視界MAXセット(親水タイプ)』、『視界MAXセット(はっ水タイプ)』
「クイックお掃除プロジェクト」調べで、フロントガラスの汚れが原因で5人に1人があわや事故に遭いかけたことがあるとの調査結果をもとに開発いたしました。様々な原因によるフロントガラスの汚れを元から断つことで、より安全で効果的な仕上がりが期待できるセットです。どちらとも「クレンザー」と「コート剤」の組み合わせで、「クレンザー」で、油膜のギラギラ汚れや、ワックスなどが雨で流れ落ちてできる皮膜、こびりついて取れにくくなった虫汚れをスッキリ落とし、その上で、「コート剤」を「親水タイプ」か「はっ水タイプ」のどちらかお好みに合わせて仕上げていただけるセットです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/115897/img_115897_8.jpg

■商品概要
・発売開始時期  :2016年10月より
・販売場所(流通先):全国カー用品店、もしくは、ホームセンターにて
・価格      :オープン価格
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る