• トップ
  • リリース
  • EDAC、ドローンと救護チームの連携によりいびがわマラソン参加者の安全管理を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会

EDAC、ドローンと救護チームの連携によりいびがわマラソン参加者の安全管理を実施

(@Press) 2016年11月08日(火)13時00分配信 @Press

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC、所在地:東京都文京区)は、2016年11月13日(日)に開催される第29回いびがわマラソンにおいて、いびがわマラソン救護チーム(岐阜大学医学部附属病院/NPO法人岐阜救急災害医療研究開発機構など)と協力し、ドローンによる空撮映像を用いた安全管理システムを提供・運用いたします。
なお、本活動は、EDACが採択を受けた総務省「IoTサービス創出支援事業『救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業』」における普及・推進活動の一環として行います。


【背景】
いびがわマラソンは、コースのアップダウンも激しく、「日本一きついコース」とも言われている一方、美しい渓谷の景色を楽しみながら走ることができ、毎年約1万人が参加する人気のマラソン大会です。
しかしアップダウンの激しい渓谷は、死角が多く、道が狭く、救護車が入れないなど、安全管理の面からの問題点もありました。
ドローンによる上空からのリアルタイム映像を救護チームが監視することで、救護者の早期発見を可能にし、参加者の安全管理に万全を尽してまいります。


【いびがわマラソン実行委員会事務局】
〒501-0692 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪133番地 揖斐川町役場内
いびがわマラソン実行委員会事務局
http://ibigawa-marathon.jp/


【団体概要】
団体名    : 一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援
        システム活用推進協議会(略称EDAC)
所在地    : 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ
        リアルグローブ内 EDAC窓口
理事長・CGO : 稲田 悠樹
副理事長・CEO: 円城寺 雄介
電話     : 03-5413-7398
メール    : info@edac.jp
URL     : http://www.edac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る