• トップ
  • リリース
  • 小型・低消費電力を実現した血流量センサーや、BLEによるデータ通信のデモが人気の京セラブース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

小型・低消費電力を実現した血流量センサーや、BLEによるデータ通信のデモが人気の京セラブース

(@Press) 2016年10月28日(金)14時30分配信 @Press

 京セラグループは、10月26日(水)〜10月28日(金)まで、幕張メッセ(千葉県)で開催中の 「第2回IoT/M2M展」に出展しています。

 当社のブースでは、センサーを活用したさまざまなIoTの可能性を身近な事例によるデモを通してわかりやすくご紹介しています。中でも、光ドップラー効果を利用して、皮下組織内の血流量を測定することで、熱中症や脱水状態を予防する「血流量センサー」(参考出展)や、センサー搭載の通信モジュール(参考出展)の活用例としてビールジョッキの傾きを計測しBLE(Bluetooth Low Energy)でデータを送り、ビールの残量をお知らせするデモが好評をいただいております。 
 京セラグループは、IoTの実現によるより便利で効率的な社会の構築に貢献してまいります。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る