プレスリリース

株式会社 中国銀行

中国銀行、10月25日よりApple Payに対応開始

(@Press) 2016年10月31日(月)13時30分配信 @Press

株式会社 中国銀行(岡山市北区丸の内一丁目15番20号 頭取:宮長 雅人)は、10月25日から国内でサービス開始したApple Payに対応いたします。
Apple Payはお客様が常に持ち歩いているiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で1日を通してより簡単に、クイックに、そして安心、安全に交通機関での利用や、店舗、アプリケーション・ウェブサイトでのお買い物の際にご利用いただけます。Apple Payは安全性と個人情報の保護についても高いレベルの配慮がなされています。


Apple Payの設定は簡単で、クレジットカードのポイントプログラムや特典は引き続き対象となります。Apple Payは最新のiOS、watchOS、macOSにアップデートしてお使いください。アップデートは10月25日から無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。ドリーミーカードをお使いのお客様はそのカードをApple Payでご利用いただけるようになります。

店舗でのお支払いの際にはQUICPay※/iD※をご利用される旨を店員の方にお伝えください。Touch IDに指を載せたままiPhone 7、iPhone 7 Plusをリーダーに近づけるだけで支払いが完了します。Apple Watch Series 2でお支払いされる場合にはサイドボタンを2回クリックしてからQUICPay/iDリーダーに近づけてください。

JCBまたはMasterCardが付帯されたカードをご利用のお客様は、店舗での利用に加えて、アプリケーションやオンラインショッピングの支払いにもApple Payをご利用いただけます。Touch IDに指を触れるだけで簡単に支払いが完了し、配送先や連絡先、クレジットカード番号などをお買い物の都度入力する必要がないため、外出先でも簡単にお買い物を済ませることができます。
iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2ではSuicaも利用することができ、Suicaのチャージや電車の乗車券の購入にもドリーミーカードをつかってApple Payで支払うことができます。


アプリケーション・オンラインショッピングでのApple Payのご利用はiPhone 6以降のiPhone、またはiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadが対応しています。また、2012年以降のmacOS SierraがインストールされたMacでもSafariでのお支払いにApple Payをご利用いただけます。その際は、iPhone 6以降のiPhoneとApple Watchで支払いを承認していただきます。

安全性と個人情報の保護はApple Payの基礎となる重要な要素です。iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定していただくことで、簡単にApple Payのご利用を一時停止することができます。リモートワイプ(遠隔消去)を実行していただくことで端末に保管されるApple Payを含む個人情報をすべて消去することもできます。iCloud.comにログインし、Apple Payの支払いを停止することもできます。

Apple PayをiPhone等の端末に設定した場合も、お客様がお持ちのクレジットカード番号はお客様のデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客様の端末には、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管されます。Apple Payをご利用いただく際、お客様のクレジットカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

Apple Payの詳細は apple.com/jp/apple-pay をご確認ください。

※QUICPay(クイックペイ)TMは株式会社ジェーシービーの登録商標です。
※iD(TM)は、株式会社NTTドコモの商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る