• トップ
  • リリース
  • 『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

木下グループ 株式会社キノブックス

『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

(@Press) 2016年11月02日(水)10時30分配信 @Press

木下グループの出版社、株式会社キノブックス(本社:東京都新宿区、取締役会長:木下直哉、代表取締役社長:古川絵里子)は、2016年11月1日(火)から2017年2月15日(水)まで、第2回『ショートショート大賞』の応募を受け付けます(後援:木下グループ)。
第2回のアンバサダーには、EXILEの橘ケンチ氏が就任。2017年6月に予定している贈呈式では橘氏による大賞作品の朗読を予定しております。
審査員長は、第1回に引き続き、芥川賞作家でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏から絶賛され、親交が深いショートショート界の旗手、田丸雅智氏、二次審査員は、太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏の豪華作家陣。受賞作の発表は2017年6月を予定しております。


第1回は応募総数7,817篇という多数の応募作品が集まり、大変盛況となりました。なお、2016年12月には、第1回大賞受賞者 堀真潮氏の受賞作を含むショートショート作品集『抱卵』を刊行いたします。


【ショートショート大賞とは】
短い中に目を見張るようなアイデアや、あっと驚く結末があり、すぐに読めてしまうにもかかわらず、読後に長く余韻が残る。それが、ショートショートです。
そして、時間のない現代において、小説という世界への入口となり、その先に広がる小説界全体をも活性化させる可能性を秘めている。それも、ショートショートだと考えます。
この賞は「ショートショート作家」の発掘・育成を目的とした文学賞です。


【第2回『ショートショート大賞』応募要項】
対象     :400字詰め原稿用紙換算1枚から15枚までのショートショート。
        テーマは問いません。
応募締切   :2017年2月15日(水)18:00まで
受賞者発表時期:2017年6月予定
発表方法   :公式サイトにて発表

詳しくは公式サイトをご確認ください。
公式サイト: http://shortshortawards.com/

[賞金・賞品]
・大賞(1作品)
副賞:30万円、受賞作の頒布、担当編集者による受賞後のフォロー、受賞作を含む書籍の刊行。
・優秀賞(最大3作品)
副賞:5万円、受賞作の頒布、担当編集者による受賞後のフォロー。

[審査員]
・1次審査 :協力書店員、キノブックス編集部
・2次審査 :太田忠司(作家)、梶尾真治(作家)、北野勇作(作家)
・最終審査:田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、
      キノブックス編集部


【会社概要】
会社名 : 株式会社キノブックス
代表者 : 取締役会長 木下直哉、代表取締役社長 古川絵里子
所在地 : 〒163-1309
      東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー9階
設立  : 2013年10月4日
事業内容: 書籍の出版、販売
URL   : http://kinobooks.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る