• トップ
  • リリース
  • 世界でここだけにしかないウオッチストア 世界初のシチズンウオッチグループ フラッグシップストア「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」2017年4月、東京・銀座にオープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

シチズン時計株式会社

世界でここだけにしかないウオッチストア 世界初のシチズンウオッチグループ フラッグシップストア「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」2017年4月、東京・銀座にオープン

(@Press) 2016年10月28日(金)11時30分配信 @Press

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、世界で初めてのシチズンウオッチグループ フラッグシップストア「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO(シチズン フラッグシップストア 東京)」を、2017年4月20日開業予定の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」内にオープンします。

※オープン日は変更する場合があります。

「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」は、シチズンブランドを中心に「Arnold & Son(アーノルド&サン)」、「BULOVA(ブローバ)」、「CAMPANOLA(カンパノラ)」他、シチズンウオッチグループの主要ブランドを世界最大級のコレクションで展開する世界で初めてのフラッグシップストアです。

銀座に新しくオープンする「GINZA SIX」の1階フロアに位置し、交詢社通りと三原通りに面しています。イベントスペースと修理工房を含めて約300m2の広さを持つフラッグシップストアは、充実した商品ラインナップとサービスにより、シチズンウオッチグループの世界観を感じていただける開放感のある空間です。

全てのお客様に、気軽に時計を「見て」「触れて」「体感して」いただくことができるよう「タッチ&トライ」コーナーを充実いたします。知識が豊富なブランドスペシャリストが、ここでしか手に入らない限定商品を含む魅力的なラインナップから、お客様にあわせた時計をご提案します。修理工房では時計技能士が、メンテナンスに関わるご相談を承ります。世界中から集うお客様をおもてなしできるよう外国語を話せるスタッフも常駐予定です。
定期的なイベント開催も予定しており、時計の楽しさや魅力を感じていただき、何度も足を運びたくなるウオッチストアを目指します。


■店舗概要
店舗名 :CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO
     (シチズン フラッグシップストア 東京)
所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1階
店舗面積:約300m2(90坪)
取扱商品:メンズ&レディスウオッチ
     「CITIZEN (シチズン)」、「Arnold & Son(アーノルド&サン)」、
     「BULOVA(ブローバ)」、「CAMPANOLA(カンパノラ)」 他

ストアロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_2.jpg


■世界で唯一の「アーノルド&サン ブティック」を併設
時計の美しさを最大限に引き出すよう、デザインからムーブメント製造まで手作業で一貫した時計作りが特徴の「アーノルド&サン」。少数生産ゆえの希少モデルを含むコレクションを国内最大級の品揃えで扱う「アーノルド&サン ブティック」が世界で初めて、「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO」内にオープンします。ダークウッド調の落ち着いた空間で、ゆったりとお買い物をお楽しみいただけます。


■シチズン時計株式会社 代表取締役社長 戸倉 敏夫からのコメント
「銀座はファッション・文化の中心地であり、世界から多くの人々が訪れる街です。そのような地で、シチズンウオッチグループが擁するブランドを一堂にご覧頂ける旗艦店をオープンすることは、弊社が掲げるマルチブランド戦略において大変重要な意味を持ちます。お客様との絆を構築しシチズンウオッチグループのファンを増やしていくための拠点と位置付け、ブランド価値を発信してまいります。」


シチズン時計株式会社は米国のBulova Corporation(ブローバ社)、スイスのProthor Holding SA(プロサー社)Frederique Constant Holding SA(フレデリック・コンスタント社)を傘下におさめるグローバルカンパニーです。


■シチズンウオッチグループ主要ブランド
・CITIZEN(シチズン)
1918年に創業し、現在100ヶ国以上でグローバルに展開しているウオッチブランドです。“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端のGPS衛星電波時計など、常に時計の未来を切りひらいてきました。部品から完成時計まで自社で一貫製造するマニュファクチュールだからこそ実現できた技術と美が融合した製品をラインナップしています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_3.jpg

・Arnold & Son(アーノルド&サン)
ジョン・アーノルドは史上最高の時計職人の一人であり、卓越したクラフトマンシップで、アブラアン-ルイ・ブレゲとともに数々の発明で時計を進化させてきました。「アーノルド&サン」は1モデルに、それ専用のムーブメントを使います。そしてデザインからムーブメント製造まで、手作業で一貫した時計作りをする完全なマニュファクチュールです。「アーノルド&サン」には英国王室に愛用された時計の意匠を取り入れた「ロイヤル コレクション」とジョン・アーノルドと息子が開発したマリンクロノメーターにインスパイアされた「インストゥルメント コレクション」があります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_4.jpg

・BULOVA(ブローバ)
1875年にアメリカ・ニューヨークでジョセフ・ブローバが創立し、数々の先進的な技術力によりマーケットを牽引してきたアメリカを代表する時計ブランドです。
140年以上の歴史の中で、数多くの業界「初」を成し遂げてきました。1928年に発表した世界初のクロック・ラジオや、時計の歴史を変えたと評された1960年に発表した世界初の音叉式電子腕時計、アキュトロン。マーケティング分野でも1941年に世界初のテレビCMを実施するなど、革新的なビジネスを展開してきました。2016年には世界初のカーブしたクロノグラフムーブメントを搭載した時計を発表し、大きな話題を呼んでいます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_5.jpg

・CAMPANOLA(カンパノラ)
「カンパノラ」は、2000年にデビューして以来、「時を愉しむ、日常を愉しむ、個性を愉しむ」をテーマに、究極のメカニズムと美しさをもつ独創的なモデルを発表してきました。多層構造による立体的な文字板とガラスに遮られたわずかな空間に「時を刻む宇宙」を表現する「宙空の美」がデザインコンセプトです。
ラ・ジュー・ペレ社の機械式ムーブメントを搭載した「メカニカル」、ミニッツリピーターやパーペチュアルカレンダーなどの多彩な機能を搭載した超複雑機構「コンプリケーション」、北緯35度の全天星座を文字板上にリアルタイムに再現した「コスモサイン」、光発電駆動の「エコ・ドライブ」の4つのコレクションがあります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_6.jpg

・Frederique Constant(フレデリック・コンスタント)
1988年に創業した「フレデリック・コンスタント」は、デザインから開発、組立、品質管理に至るまで全てをスイス・ジュネーブの自社で行っています。2004年以降は22種類ものムーブメントを自社で開発し、製造しています。洗練されたデザインと品質の高さ、そして精密さを併せ持つ価値ある時計を、これまで多くの方々にご愛用頂いたことが、今日の成功につながっています。「フレデリック・コンスタント」は、創造性と卓越した価値を提案するため革新を続けています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/115092/img_115092_7.jpg
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る