• トップ
  • リリース
  • 「第10回ASPICクラウド・IoTアワード2016」において『総務大臣賞』、『IaaS・PaaS部門総合グランプリ』、『IoT部門プラットフォーム分野グランプリ』を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1

NTTコミュニケーションズ株式会社

「第10回ASPICクラウド・IoTアワード2016」において『総務大臣賞』、『IaaS・PaaS部門総合グランプリ』、『IoT部門プラットフォーム分野グランプリ』を受賞

(@Press) 2016年10月26日(水)18時30分配信 @Press

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)の企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」は、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウド コンソーシアム(略称:ASPIC)が2016年10月26日に発表した「第10回ASPICクラウド・IoTアワード2016」において、『総務大臣賞』および『IaaS・PaaS部門総合グランプリ』を受賞しました。
 『総務大臣賞』は、全6部門の総合グランプリを受賞したサービスの中から、最高位のサービスまたは企業にのみ授与されるものです。
また、NTT Comの「IoT Platformサービス Factoryパッケージ」も同アワードにおいて『IoT部門プラットフォーム分野グランプリ』を受賞しました。


 『総務大臣賞』および『IaaS・PaaS部門総合グランプリ』を受賞した「Enterprise Cloud」は、世界11カ国14拠点に展開する、グローバル共通仕様/高品質の企業向けのクラウドサービスです。本サービスは、従来のERPなどに求められるシステム性能や信頼性重視の「トラディショナルICT」と、IoTビジネスなど新しいビジネス創出に求められる俊敏性、柔軟性やAPIによる外部サービス連携などが前提となる「クラウドネイティブICT」、それら双方の環境を効率的に構築・運用可能なクラウド基盤として、2016年3月に機能強化しています。
 今回、お客さま企業への豊富な導入実績、充実したサービス機能や運用技術、グローバル展開やSD-Exchangeへの新たなチャレンジなどが高く評価され、受賞に至りました。


 また、『IoT部門プラットフォーム分野グランプリ』を受賞した「IoT Platformサービス Factoryパッケージ」は、IoTの導入に必要となるデータ収集・分析アプリケーション、セキュアなネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供するサービスです。
 本サービスは、クラウド環境にて提供するため、個別システム構築に比べて、導入・構築期間が短く、ランニングコストも安価(月額22,450円から)であり、お客さま企業の業務効率化や、トータルコスト削減などに貢献できます。


■受賞内容
『総務大臣賞』
『IaaS・PaaS部門総合グランプリ』
『IoT部門プラットフォーム分野グランプリ』


■(参考)「ASPICクラウド・IoTアワード2016」の概要
 「ASPICクラウド・IoTアワード2016」は、クラウド・IoTサービスが社会の情報基盤としてさらに発展・確立することを目的として、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウド・IoTサービスを表彰し、クラウド事業者およびユーザーの事業拡大を支援するものです。総務大臣賞は、6つの部門の総合グランプリを獲得したサービスの中で最高位のサービスまたは企業に授与されます。


■関連リンク
・Enterprise Cloud
http://www.ntt.com/business/services/cloud/iaas/enterprise-cloud.html

・Enterprise Cloud Knowledge Center
https://ecl.ntt.com/

・2016年3月1日報道発表
デジタル・トランスフォーメーションを実現する「Enterprise Cloud」の大幅機能強化
〜トラディショナル、クラウドネイティブ双方のICT環境を統合管理できるクラウドを実現〜
http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2016/20160301.html

・IoT Platform
http://www.ntt.com/business/services/cloud/iot/iot.html

・2016年5月9日報道発表
工場群の一括モニタリングや予防保全など製造業におけるIoTを
セキュアに実現できる「IoT Platform Factory パッケージ」の提供を開始
http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2016/20160509.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る