• トップ
  • リリース
  • ダイキアクシスの連結子会社、災害対策独立電源として新設集合住宅向けに災害時用の小形風力発電機を販売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ダイキアクシス

ダイキアクシスの連結子会社、災害対策独立電源として新設集合住宅向けに災害時用の小形風力発電機を販売

(@Press) 2016年10月24日(月)13時30分配信 @Press

株式会社ダイキアクシス(所在地:愛媛県松山市、代表取締役社長CEO:大亀 裕)の連結子会社である株式会社シルフィード(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:大亀 裕、以下 シルフィード)は、阪和興業株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:古川 弘成、以下 阪和興業)のご協力の下、施主の松山鋼材株式会社(所在地:千葉県旭市、代表取締役:向後 賢司、以下 松山鋼材)の新設集合住宅向けに、災害時のライフラインを確保することを目的とした独立電源の「小形風力発電機(VAS-3.0)」を販売いたしました。


1.導入の目的
松山鋼材は、先の東日本大震災で甚大な被害を被った千葉県旭市エリアに本社を有し、災害時のインフラの重要さを再認識されたことから、新設する外国人研修生向け社員寮に独立電源の導入を決定されました。
シルフィードでは、販売元である阪和興業(東京本社 鋼管販売部)を介して、災害時にライフラインを確保しエネルギーマネジメントを可能にした独立電源を用いた最適なソリューションをご提案し、「小型風力発電機(VAS-3.0)」を採用いただくに至りました。


2.主な特徴
平常時はガス給湯器用電源、浄化槽ブロワ用電源、一般家電用コンセントとして使用し、万一災害などで商用電源が使用不可能になった場合でも「小型風力発電機(VAS-3.0)」からの電力供給によりこれらの負荷を継続して使用し続けることが出来ます。また、断水が発生した場合には電動地下水汲み上げポンプを作動させて生活用水の確保が可能となります。
これらのライフラインを確保することで、災害時においても下記のような設備の利用が可能となり、被災者の受けるストレス低減に大きく寄与することとなります。

(1) 衛生面
・シャワーの利用
・水洗トイレの利用
(2) 食事面
・炊飯器などの一般家電の利用
(3) 通信面
・携帯電話の充電

また、松山鋼材では、災害時は寮生だけでなく、近隣の被災者の方々にも避難所として開放することを予定されています。


3.連結子会社の概要など
(1) 連結子会社の概要
商号   :株式会社シルフィード
本店所在地:東京都中央区東日本橋2-15-4 PMO東日本橋9F
代表者  :代表取締役社長 大亀 裕
資本金  :125,500千円
設立   :2011年2月14日
事業内容 :小形風力発電装置の開発、製造、販売および施工
決算期  :12月31日


【会社概要】
商号   :株式会社ダイキアクシス
本店所在地:愛媛県松山市美沢一丁目9番1号
代表者  :代表取締役社長CEO 大亀 裕
      (コード番号:4245 東証第一部)
資本金  :19億8,329万円
設立   :2005年7月12日
事業内容
・各種排水処理装置の設計・施工・維持管理
・合成樹脂等による製品の製造販売および設計・施工
・各種建設材料・住宅設備機器の販売・施工
・植物系廃食用油を原料とするバイオディーゼル燃料の精製・販売
 および精製プラントの販売
・飲料水の製造・販売
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る