• トップ
  • リリース
  • 総合数理学部 宮下芳明教授3Dプリンタの新たな造形方法を開発〜滑らかな手触りを3Dプリント〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人明治大学広報課

総合数理学部 宮下芳明教授3Dプリンタの新たな造形方法を開発〜滑らかな手触りを3Dプリント〜

(@Press) 2016年10月18日(火)16時00分配信 @Press

明治大学総合数理学部の宮下芳明教授、大学院理工学研究科博士後期2年の高橋治輝さんは、熱溶解積層方式3Dプリンタを用いて、滑らかで凹凸感のあるシートを作成する手法を開発しました。
一般的に、3Dプリンタで作られたものの表面には、プラスチック樹脂の積層による段差が目立ち、ざらついた手触りになります。安価な3Dプリンタではこの問題の解決が難しく、滑らかなものを作ることが困難でした。
今回提案された造形方法では、3Dプリンタの樹脂の押し出し方や樹脂量を制御することで、さまざまな太さの構造を一度の押し出しで作り出します。プラスチック樹脂の積層を行っていないため、押し出された樹脂は滑らかな表面になり、これを敷き詰めることで、均一な凹凸を持ったシートを作ることができます。透明樹脂や柔軟性のある樹脂との相性が良く、蛇革のような感触や高級感のある見た目を日用品に付加する、などの応用が可能です。

☆参考
■ 研究紹介動画( https://youtu.be/fL9W5oxfj3g
■ 宮下芳明研究室( http://miyashita.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る