• トップ
  • リリース
  • Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」サポーティングカンパニー3社を新たに発表

プレスリリース

  • 記事画像1

Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」サポーティングカンパニー3社を新たに発表

(@Press) 2016年10月19日(水)12時00分配信 @Press

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区)が運営する日本発の民間月面探査チーム「HAKUTO」のサポーティングカンパニーに、新たに3社が加わりました。

HAKUTOは、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」にHAKUTOとともに挑戦する「オフィシャルパートナー」、およびプロジェクトを支援する「コーポレートパートナー」に加えて、HAKUTOに様々な技術やノウハウを提供する「サポーティングカンパニー」によって支えられています。今回、新たに「サポーティングカンパニー」に加わった企業は、HAKUTOに対してそれぞれ下記の技術やノウハウなどを提供いただきます。


<新サポーティングカンパニー>
企業名 :有人宇宙システム株式会社(JAMSS)
提供内容:月面におけるローバーの運用性評価および訓練の提供

企業名 :HILLTOP株式会社
提供内容:アルミ、SUS、チタン、マグネシウム部品を対象とした、ローバーのフライトモデルおよび試作品の機械加工部品の提供

企業名 :株式会社ザクティ
提供内容:ローバー(フライトモデル)のカメラモジュールの提供


HAKUTOは、日本から唯一参加するチームとして、日本企業の持つ様々な技術を結集して、Google Lunar XPRIZEのミッション達成を目指します。


【HAKUTOのパートナー企業およびサポーティングカンパニー一覧】
(※)以降が新規決定企業
オフィシャルパートナー :au/KDDI株式会社
コーポレートパートナー :株式会社IHI、
             Zoff/株式会社インターメスティック、
             日本航空株式会社、
             株式会社リクルートテクノロジーズ、
             スズキ株式会社、セメダイン株式会社
サポーティングカンパニー:ジグソー株式会社、日本橋三越本店、
             株式会社システム計画研究所、
             丸紅情報システムズ株式会社、鳥取県、
             東レ株式会社
             (および東レ・カーボンマジック株式会社)、
             株式会社インテリジェンス、
             takram design engineering、株式会社RDS、
             国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構/JAXA、
             (※)有人宇宙システム株式会社(JAMSS)、
             HILLTOP株式会社、株式会社ザクティ


【HAKUTOについて】 http://team-hakuto.jp/
HAKUTOは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。2015年1月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。


【Google Lunar XPRIZEについて】 http://lunar.xprize.org/
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から16チームが参加しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る