• トップ
  • リリース
  • フィデリティ証券、日経BP企画編集センター実施のネット証券会社イメージ調査で「金融のプロ」から高評価を獲得

プレスリリース

フィデリティ証券

フィデリティ証券、日経BP企画編集センター実施のネット証券会社イメージ調査で「金融のプロ」から高評価を獲得

(@Press) 2016年10月21日(金)11時00分配信 @Press

 
フィデリティ証券株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:チャック・マッケンジー)は、日経BP企画編集センターがこの度実施した「投資信託の購入に関するネット証券会社イメージ調査」において、以下の3項目で第1位となりました。本調査は金融機関(銀行・証券会社)に勤務し、その中でCFP(R)/ファイナンシャル・プランニング技能士1級の資格を保有する、まさに「金融のプロ」と位置付けができる方々が対象となっており、こうした方々から高い評価を得る結果となりました。


「投資信託の購入に関するネット証券会社イメージ調査」でフィデリティ証券が第1位を獲得した項目:

・「金融知識が豊富な人が選んでいる証券会社」
・「1,000万円以上投資信託を購入する人向けの証券会社」
・「取扱投資信託の質にこだわっている証券会社」

なお、本調査結果は、「日経マネー」2016年12月号(2016年10月21日発売。発行:日経BP社)ほか、当社のウェブサイトでもご覧いただけます。

本調査結果を紹介した当社ウェブサイト内のページ:
https://www.fidelity.jp/fskk/article/nikkei.page


【ネット証券会社イメージ調査の結果概要】
■調査概要
実施  :日経BP企画編集センター
調査時期:2016年8月11日から8月19日調査
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:金融機関(銀行・証券会社)に勤務し、
     さらにCFP/ファイナンシャル・プランニング技能士1級の
     資格保有者(142名)


■調査結果:( )内は有効回答総数に占める割合
○投資信託を購入するうえで、「金融知識が豊富な人が選んでいる証券会社」
1位 フィデリティ証券(35.6%)
2位 SBI証券     (33.3%)
3位 マネックス証券 (11.5%)

○投資信託を購入するうえで、「1,000万円以上投資信託を購入する人向けの証券会社」
1位 フィデリティ証券(33.3%)
2位 SBI証券     (32.1%)
3位 マネックス証券 (14.1%)

○投資信託を購入するうえで、「取扱投資信託の質にこだわっている証券会社」
1位 フィデリティ証券(35.7%)
1位 SBI証券     (35.7%)
3位 マネックス証券 (10.7%)

掲載誌面では、当社が提供する、保有残高に応じて投資信託の購入時手数料が最大100%割引(無料)になるサービスや、ウェブサイトにおける投資信託の情報提供ページの見やすさ/使いやすさ等が「金融のプロ」からの高評価につながったとのモーニングスター社徳永氏の見解が述べられています。


当社では、今後も「お客様第一」を追求しお客様との長期的な関係性を築かせていただくことを目指すとともに、快適な資産運用のための環境をご提供できるよう努めて参ります。


■ご留意事項
・本調査は日経BP企画編集センターが実施しております。調査内容、結果に関するお問い合わせはフィデリティ証券ではお答えいたしかねますので予めご了承ください。


【フィデリティ証券について】
フィデリティ証券株式会社は、独立系資産運用グループのフィデリティ・インターナショナルの一員として、投資信託を中心にお客様の長期的な資産運用をサポートする証券会社です。1998年より投資信託の販売を開始し、グループ会社のフィデリティ投信をはじめ計41の運用会社、500本以上の投資信託を取り扱います(2016年10月21日現在)。また、口座開設時の特典や、お預り資産残高に応じて投資信託の購入時手数料や株式委託手数料を優遇するプログラム等、お客様のスマートな資産運用をサポートする各種サービスを提供しています。

フィデリティ証券株式会社/金融商品取引業者
本店所在地: 東京都港区六本木7-7-7
代表   : 代表取締役社長 チャック・マッケンジー
登録番号 : 関東財務局長(金商)第152号
加入協会 : 日本証券業協会
URL    : http://www.fidelity.jp


【手数料優遇プログラムに関するご注意事項】
毎月20日(20日が休業日の場合は翌営業日)を評価日とし、この時点でお客様が当社で保有するMRF・お預り金およびファンド(投資信託)の約定済み残高を時価評価し、評価残高に応じて翌月のお客様のファンド購入時申込手数料割引率が適用されます。評価日における評価残高が3,000万円以上のお客様は、翌月のファンド購入時の申込手数料が100%割引(無手数料)、2,000万円以上3,000万円未満のお客様は75%割引、1,000万円以上2,000万円未満のお客様は50%割引となります(適用期間は申込受付ベース)。キャンペーン等でより高い割引率が設定されている場合は、より高い割引率が適用されます。なお、お預り資産評価残高の対象に株式、ETF、REIT等の金融商品取引所上場有価証券は含まれません。今後当社の判断により、プログラムを中断、変更または終了することがあります。


【リスクについて】
投資信託は株式、公社債等の値動きのある証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動し、したがって投資元本および利息の保証はありません。よって、保有期間中もしくは解約又は売却時の投資信託の価額は、ご購入時の価額を下回ることもあります。こうした運用の損益はすべて投資信託をご購入のお客様に帰属します。また、運用状況によって収益分配金の支払額は変動することがあり、あるいは支払われない場合があります。投資信託は、預金又は保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご確認ください。目論見書の入手方法についてはフィデリティ証券にお問い合わせください。


【費用等について】
投資信託のお取引では、以下の費用をご負担いただきます(税込)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。また、費用等の合計額については、投資信託の保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。

■申込時に直接ご負担いただく費用
購入時手数料(投資信託の購入金額に対して最大3.24%)
フィデリティ証券では金額指定にて投資信託の買付のお申し込みを承っております。この場合の購入時手数料は、購入金額(購入口数×当該買付に適用される基準価額)に各投資信託の所定の手数料率(税込)を乗じた額となり、お申込金額(ご指定いただいた額=お支払いいただく金額)の中からいただきますので、お申込金額全額が当該投資信託の購入金額となるものではありません(内枠式)。

■換金時に直接ご負担いただく費用
信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大1.0%)

■保有期間中に間接的にご負担いただく費用
運用管理費用(信託報酬)(信託財産の純資産総額に対して最大年率2.538%。但し、純資産総額が減少した場合、実質的にこれを上回ることがあります。)


PI20161014-2
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る