• トップ
  • リリース
  • 総武線(市川〜千葉駅間)一棟アパートの投資利回りが最も高い駅は東船橋駅、最も低い駅は下総中山駅不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」

プレスリリース

  • 記事画像1

総武線(市川〜千葉駅間)一棟アパートの投資利回りが最も高い駅は東船橋駅、最も低い駅は下総中山駅不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」

(@Press) 2016年10月18日(火)11時15分配信 @Press

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、同サイトに登録された新規物件を集計し、「総武線駅別一棟アパート投資利回りの平均」の調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。

◇2016年総武線沿線(市川駅〜千葉駅間)の一棟アパート投資利回り

総武線沿線の一棟アパート投資利回りの調査結果によれば、利回りが最も高いのは東船橋駅の12.12%。最も低いのは下総中山駅の6.76%であった。総武線沿線は、千葉県という立地と、登録物件の築年数の全体的の古さ等から、利回りは8%以上の物件が多い。総武線快速の停車駅である船橋駅(8.27%)・津田沼駅(9.06%)・稲毛駅(9.08%)・千葉駅(10.23%)も、首都圏では相対的に高い利回りといえ、利便性のよさのわりには割安感があるといえる。
一方、利回りが最も低い下総中山駅(6.76%)と2番目に低い西千葉駅(6.85%)は、築年数が10年未満と築年数が浅いのが要因とみられる。利回りが3番目に低い西船橋駅(7.15%)は築年数20.2年と築古だが、総武線の他に、武蔵野線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道と複数沿線が利用でき、東京駅まで電車で直通30分圏内という好立地が価格を押し上げたと見られる。

健美家(けんびや)は、収益物件の紹介、著名な不動産投資家によるコラム、全国の大家さんのブログ集、セミナー情報等、「不動産投資にかかわる多くの人たちに役立つ情報」を提供している不動産投資の専門サイトです。⇒https://www.kenbiya.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る