• トップ
  • リリース
  • 業界初!指定医薬部外品としてハケつき液体絆創膏「ウォーターエイド」を新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

大木製薬株式会社

業界初!指定医薬部外品としてハケつき液体絆創膏「ウォーターエイド」を新発売

(@Press) 2016年10月17日(月)11時00分配信 @Press

 大木製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:松井 秀夫)は、指定医薬部外品として初めてのハケつき液体絆創膏「ウォーターエイド」を開発し、10月3日(月)から全国のドラッグストアや薬局、薬店、スーパーマーケット、ホームセンター、スポーツ専門店、家電量販等で新発売いたしました。


■指定医薬部外品として初めてのハケつき液体絆創膏
 液体絆創膏は、澄明な液体を傷口に塗り、乾燥させ皮膜で保護する「塗るタイプ」の絆創膏です。水にも強いので水仕事や入浴時も傷を守ります。
 今回、大木製薬は指定医薬部外品として業界で初めてのハケつき液体絆創膏「ウォーターエイド」を発売しました。今までの医薬品の液体絆創膏は「ひび、あかぎれ、さかむけ」といった冬に起こりやすい症状への用途が主で、「冬場の商品」という認識が強い商品でした。今回、液体絆創膏の「目立ちにくく、はがれにくい」という特徴を活かし、尚且つ指定医薬部外品として日常生活で起こる「きり傷や靴ずれ」「スポーツやアウトドア・ガーデニング時」にも使っていただけるように開発しました。液体絆創膏の市場は特に40代以降が購買客層ですが、指定医薬部外品で発売したことで、絆創膏が置かれている棚や、マニキュアが置かれている棚、スポーツ専門店にも置くことが可能になるなど、売場を限定せず幅広く展開できるようになり、20代・30代にも液体絆創膏を訴求しやすくなりました。
 また、ウォーターエイドには殺菌成分を配合しておりますので、傷口の消毒にも有効です。さらに、貼る絆創膏に比べると、透明で目立ちにくいので接客業の方や、手を気にする女性に向いています。女性がポーチに入れていても、違和感のないデザインにし、ボトルタイプなので持ち運びに便利で、いつでもどこでも「サッ」と塗って使えるようにしました。「持っててよかった!」と思える便利アイテムです。


■絆創膏市場と液体絆創膏市場について
 絆創膏カテゴリー全体の市場は、2013年で144億円。2015年では154億円。液体絆創膏の市場は、2013年で11.4億円。2015年では14.3億円にのぼり、25%と大きく伸長しており、ハケ付きタイプが牽引しています。(富士経済より)


■新商品概要
商品名   :ウォーターエイド
発売日   :2016年10月3日
容量    :12mL
使用期限  :製造から3年
希望小売価格:850円(税抜き)
商品サイズ :W109mm×D25mm×H90mm
効能・効果 :すり傷、切り傷、さし傷、靴ずれ、創傷面の消毒、保護(皮膜)
用法・容量 :患部を清潔にし、傷部のみに適量を塗り、
       そのまま静かに乾燥させる
成分    :(100g中)
       トリクロロカルバニリド0.1g、
       添加物として、ピロキシリン、パルミチン酸イソプロピル、
       酢酸エチル、エタノールを含有する
注意    :火気に近づけないこと


【大木製薬株式会社 概要】
商号   :大木製薬株式会社
本社所在地:東京都千代田区神田鍛冶町3-3 大木ビル7F
代表者  :代表取締役会長兼社長 松井 秀夫
創業   :万治元(1658)年
設立   :昭和45(1970)年分離独立
資本金  :40,000万円
従業員数 :137名(平成28年9月現在)
工場所在地:上尾工場…埼玉県上尾市平塚2098
      富岡工場…群馬県富岡市一ノ宮押出880-15 富岡坂井工業団地
取引銀行 :三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行
事業概要:
●医薬品・医療機器・医薬部外品・化粧品・健康食品・コンタクトレンズケア用品および衛生用品・日用品・雑品の製造並びに販売
●医薬品の輸出入
●医薬品・医薬部外品・化粧品・健康食品・コンタクトレンズケア用品の受託生産


【お客様からのお問い合わせ先】
大木製薬株式会社 お客様相談窓口
Tel: 03-3256-5051(土日祭日を除く 9:00〜17:00)
URL: http://www.ohkiseiyaku.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る