• トップ
  • リリース
  • 鴻上尚史、新作舞台!「サバイバーズ・ギルト&シェイム」この秋(11月11日〜12月4日)紀伊國屋ホールにて上演!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

鴻上尚史、新作舞台!「サバイバーズ・ギルト&シェイム」この秋(11月11日〜12月4日)紀伊國屋ホールにて上演!

(@Press) 2016年11月09日(水)12時30分配信 @Press

この度、サードステージでは、2016年11月11日(金)から12月4日(日)まで、紀伊國屋ホール(東京都新宿区)におきまして、鴻上尚史(作家・演出家)のプロデュースユニット「KOKAMI@network(コーカミネットワーク)」の第15回公演として、新作舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」を上演する運びとなりました。

URL: http://www.thirdstage.com/knet/survivors/

※「サバイバーズ・ギルト&シェイム」とは、戦争や災害でかろうじて生き残った人が、死んでしまった人達を思い、生きていることに感じる罪悪感と恥ずかしさのこと。

主演は、現在放送中の「仮面ライダーゴースト」(EX系)で仮面ライダースペクター/深海マコト役として出演、またMEN'S NON-NO専属モデルなど活躍の場を広げ、本作が舞台初主演となる山本涼介。その恋人役に、確かな演技力でテレビドラマ・舞台と話題作への出演が続き、科学情報番組「サイエンスZERO」(NHK)ではメインナビゲーターを務める南沢奈央。共演に、本格ミュージカルに多数出演し、音楽活動も精力的に展開する伊礼彼方、コントからシリアスな役柄まで幅広くこなし、今春放送された「99.9 -刑事専門弁護士-」での独特の存在感も記憶に新しい片桐仁、伝説の劇団「第三舞台」を鴻上とともに結成し(1981年)、劇団解散(2012年)後も舞台・ドラマ・映画で活躍を続けるベテラン俳優・大高洋夫。同じく劇団「第三舞台」で看板女優として活躍し、オンエア中の大河ドラマ「真田丸」の「おこう」役で注目を集める長野里美。

以上の多彩なキャストで「抱腹絶倒の爆笑悲劇」をお届けします。


●舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」あらすじ・イントロダクション●
未来、戦争が起こり、戦場から故郷に帰ってきた若い男が、両親に「僕、死んじゃったよ」と陽気に微笑む所から物語は始まります。人間は想像を超えた出来事に襲われた時、「この世界は現実でない」と思い込んで生き延びようとします。それが不可能な時は、「私は現実でない」と決意するのです。

これは、「生き延びてしまった罪と恥」と向き合い、格闘し、笑い飛ばす抱腹絶倒の爆笑悲劇です。


<(作・演出)鴻上尚史コメント>
「サバイバーズ・ギルト&シェイム」とは、戦争や災害でかろうじて生き残った人が、死んでしまった人達を思い、生きていることに感じる罪悪感と恥ずかしさのことです。未来、戦争が起こり、戦場から故郷に帰ってきた若い男が、両親に「僕、死んじゃったよ」と陽気に微笑む所から物語は始まります。けれど、男は自分は幽霊ではないと言います。ただ、死んでいるのだと。
人間は想像を超えた出来事に襲われた時、「この世界は現実でない」と思い込んで生き延びようとします。それが不可能な時は、「私は現実でない」と決意するのです。
素敵な俳優が集まってくれました。期待の若手、エネルギッシュで真面目な山本涼介さん、若いのに確かな演技力の魅力的な南沢奈央さん。見事な歌と演技力の伊礼彼方さん、確かな笑いと安定の演技の片桐仁さん、『真田丸』の「おこうさん」で話題の長野里美さんと信頼の大高洋夫さん。
この6人で創り上げるのは、「生き延びてしまった罪と恥」と向き合い、格闘し、笑い飛ばす抱腹絶倒の爆笑悲劇です。
鴻上尚史(作家・演出家)


【公演公式URL】 http://www.thirdstage.com/knet/survivors/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る